西野ジャパンのスターティングメンバーとフォーメーションを予想してみた!

サッカー
スポンサーリンク

081214

謎だらけだったハリルホジッチ監督解任劇から西野新監督が就任しました。

 

西野監督となって、サッカー日本代表ロシアワールドカップに招集されるメンバーを予想してみましょう。

 

ハリルホジッチ監督の解任から西野監督が後任となった日本代表ですが、最も大きな理由として「選手との関係」が取り上げられています。

実際はどうなのか?

 

後任監督が西野朗技術医院長となったことに関しても特に説明はなかったということで、スポンサーやメディア受けが悪かったことが理由の1つであるかもしれません。

 

このことを踏まえて西野ジャパンのロシアワールドカップ2018日本代表メンバー23人とフォーメーションを予想してみました。

 

 

西野監督になりサプライズ招集はある?

 

解任すること自体が最大級のサプライズなのでサプライズ招集があっても不思議ではありませんよね。

 

ワールドカップまでの時間がない中でサプライズ招集があるとすれば、西野監督が考えるサッカーに当てはまる選手が考えられます。

 

1人はガンバ大阪時代に監督を務めていたとき絶大的な選手だった遠藤保仁選手がサプライズ招集候補に挙げられるかもしれません。

 

所属するガンバのチーム状況やコンディションが決してよくありませんが、代表のボランチではまだ代わりとなる選手が現れていませんし、途中出場から流れを変えることができる貴重な存在でもあるといえます。

 

あとは、ハリルホジッチ監督からも評価が高かった鈴木大輔選手、森岡亮太選手など西野監督が短期間で求められる戦術にマッチするか興味があります。

 

メディア受けとして考えられるのは、2022年カタール大会に向けて大舞台を経験させるために大久保建英選手は超サプライズとして招集される可能性も無きにしも非ずですね。

 

香川真司選手、本田圭佑選手もサプライズと呼ぶかは微妙なところですが、選ばれることが予想されます。

 

ハリルホジッチ監督の解任理由に「スポンサー受けが悪い」という矛盾している理由が含まれているのであれば、選考基準は和合瀬のある選手であり、視聴率をとれる選手や スポンサーがキャラクターとして起用している選手をサプライズ招集する可能性は十分にあると思います。

 

 

ロシアワールドカップ日本代表メンバーを予想1

 

ということで、短期間の中で西野監督が選びそうなワールドカップメンバー23人を予想してみましょう。

 

GK

ハリルホジッチ監督時代からの3人ですが変える必要は感じないのでこのままいくのではないでしょうか。

 

ガンバ大阪の東口選手が入る可能性もありますが、第3キーパーにはピッチ以外での貢献も求められるので、日本代表歴の長い西川周作選手が選ばれるのではないでしょうか。

 

第2キーパーには若手ナンバーワンの中村航輔選手で間違いないでしょう。

 

制ゴールキーパーとして川島永嗣選手という無難な序列になるのではないでしょうか。

 

ただし、西野監督の目指すボールを繋ぐサッカーには川島永嗣選手よりも足元の技術が高い西川周作選手、中村航輔選手の方が向いているので、ゴールキーパーから繋ぐサッカーを目指すなら川島永嗣選手も盤石ではないかもしれませんね。

 

 

DF

ハリルホジッチ監督時代からのおなじみのメンバーに加えて、ボールを繋ぐサッカーを目指すという西野監督の要望にうってつけなのが中山雄太選手。

 

中山雄太選手がリストアップされているかは怪しいですけどね。

 

また、リオ世代キャプテンの遠藤航選手も若手選手のまとめ役として入るかもしれません。

 

まとめ役と話題性、そしてルックス担当として内田篤人選手の招集も可能性として高くなるのではないでしょうか。

 

内田篤人選手は怪我で出られる状態ではないかもしれませんがチーム内の相談役として機能するでしょう。

 

 

MF

パスを繋ぐサッカーを目指している西野監督ですから、ポゼッションスタイルの構築能力は皆無なのでパスをどうつなぐかを自分で考えて自分で実行できる頭と技術を持っている選手が中盤は選ばれるのではないでしょうか。

 

大島僚太選手、香川真司選手、遠藤保仁選手、中村憲剛選手はその系統の選手の中では日本最高峰といえるのではないでしょうか。

 

西野監督はガンバ大阪時代は遠藤保仁選手をピッチ上の指揮官として起用していましたが、遠藤保仁選手の役割を誰にするのかは他の選手を選ぶうえでもカギになるでしょう。

 

香川真司選手、乾貴士選手はポゼッションサッカーを目指すなら決まりでしょうね。

 

柴崎岳選手、久保雄也選手もも候補になってくるでしょうが、手倉森コーチのお気に入りでリオデジャネイロオリンピック世代ん男エース中島翔哉せんしゅは絶好調ですからジョーカーとして選ばれる可能性は十分にありそうです。

 

 

FW

ハリルホジッチ監督体制のエース大迫勇也選手に加え、岡崎慎司選手も実力、話題性は抜群です。

 

将来性と話題性を考えて16歳の久保建英選手の選抜もあり得ますね。

 

小林悠せんしゅもポゼッションサッカーに最適な選手で右サイドもできるので有力候補になってくるかもしれませんね。

 

 

基本フォーメーション予想

 

では次にロシアワールドカップ日本代表のフォーメーションについて予想していきましょう。

 

西野監督はとにかく戦術と呼べるものを持ち合わせているタイプの監督ではありません。

 

選手が気持ちよくプレーできるシステムを選んでくると思います。

 

そのシステムはやはりなれている4-2-3-1ではないかと予想します。

 

ハリルホジッチ監督が重宝していた4-1-4-1ではトップ下のポジションがないので、スター選手である香川真司選手が出るポジションが亡くなってしまうという最大の欠陥がありました。

 

本田圭佑選手と香川真司選手が共存できる4-2-3-1となるでしょう。

 

というわけでスタメンは4バックは長友選手、槙野選手、吉田選手、酒井選手。

 

ダブルボランチは長谷部選手、大島選手。

 

左サイドハーフに乾選手。

 

トップ下に香川真司選手。

 

右サイドハーフに本田圭佑選手。

 

ワントップに岡崎選手と予想しました。

 

 

西野ジャパンの戦術は?

 

ハリルホジッチ監督時代はフィジカル、スピード、推進力を求めるすたいるを固定せず、対戦相手によって戦術と選手を変更しながら戦う「カメレオン式」ですが、それがうまく噛み合っていませんでした。

 

西野監督は日本人選手ん男特徴である、技術の高さ、規律、組織を生かしながら短期間でベストなチーム作りをしていくとのことです。

 

つまり、「日本らしいサッカー」「日本らしいサッカーとはつなぐサッカー」という言葉が出ているので、パスを回してボールを保持する時間を増やすサッカーをしていくのでしょうね。

 

という西野監督が目指すサッカーにおいてもこれまで選ばれてきたメンバーの大半は合意すると思うので、方針が大幅に変わるとしても、招集される選手が大幅に変わるという印象はさほどないような気がします。

 

謎だらけの解任劇ですが、理由がどうあれハリルホジッチ監督と同じようなサッカーを目指すなら監督を変える必要はないです。

 

そもそも技術委員長としてかんとくこうたいを決断して後任を選ぶ立場にもある人が後任監督というのは矛盾がある感じがしますが、結束力を高めてベストを尽くしてほしいですね。

 

岡田監督時代もワールドカップ本大会直前は散々な評判だったのですが、「超守備的」に切り替えて見事にはまったケースもあります。

 

時間がない中で結果を求めるのであれば、これまで以上に守備に重点を置くスタイルが無難なのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

どうですか?

 

ハリルホジッチ監督の解任を受けて4年間の積み重ねを2か月前にすべて壊してしまった日本代表。

 

直前で監督交代は日本サッカー協会の信頼を失ったのでこれから日本代表監督をやりたい優秀な監督がいなくなってしまうことも考えられるのではないでしょうか。

 

西野監督といえば、アトランタオリンピックU-23 日本代表の監督時代、ブラジルに勝利した「マイアミの軌跡」で知られていますが、今回も奇跡を起こすことができるのでしょうか。

 

いくら評判がよくなくても一次リーグ突破できなければ、帰国後の出迎えは岡田監督時代同様に歓迎されるでしょう。

 

短期間のワールドカップなので4年間の積み重ねよりもそのときの各選手のコンディションやチーム一丸となって全力を出してほしいですね。

 

西野ジャパンが日本らしいサッカーで活躍してくれるのが楽しみですね。