脱水症に適している飲み物は「水」じゃないの?

生活
スポンサードリンク

 

体液は体内に入ってきた水分量と、体外へ出ていった水分量に代わりがないことでバランスが保たれています。

 

このバランスが崩れて、体液が不足した状態を出す症状といいます。

スポンサードリンク

脱水症状にならないためには水分補給が大事

 

暑い時期が近づいてきましたね。

 

気温が高くなったり、蒸し暑く感じたりすると発汗量も増えてくるため、水分補給は欠かせません。

 

水分は身体の約60%を占めており、栄養素の運搬や体温調節、体のミネラルバランスを調整するなど重要な役割を担っています。

 

 

脱水だから水が一番!というのは間違い!

959fe7f7541ab1924e7323f1323af7db_s

脱水症状は体液が不足した状態です。

 

水が抜けているので水分を補給すればよいのでしょうが、水なら何でもいいというわけではないようです。

 

脱水症状とは、水分と塩分からなる体液が不足した状態のことをしまします。

 

暖房、運動、発熱などで大量に汗をかいて水分を失った場合、電解質を含まない水やお茶をたくさん飲んでも、喉は潤いますが水分は蓄えられないんです。

 

 

どういった飲み物が適切なのか?

 

脱水症状になってしまった場合、どのような飲み野茂で対処するのがいいのでしょう?

 

 

塩分を含んでいるスポーツドリンク

 

スポーツドリンクは、正式名称アイソトニック飲料。

 

体液に近い浸透圧をもち、スポーツや屋外での重労働の際に汗で失われる水分や電解質を普通の水よりも早く吸収することができます。

 

そのため脱水症状が起きた場合には、スポーツドリンクは真水よりはるかに脱水症状を解消する効果があります。

 

最低でも、ナトリウムが40mg/100ml以上入っているスポーツドリンクを選ぶようにすると良いです。

 

 

取り過ぎると悪影響を及ぼす

 

手軽にとれる代表的な飲み物なんですが、、一方で飲みやすさを考慮して糖質を多く含んでいるものがあります。

 

過剰に飲むと急性糖尿病を発生してしまうことがあります。

 

これは、「毎日、当分濃度が10%以上の飲み物を、1.5リットル以上飲み続けると、血糖値が急上昇する」という病気です。

 

 

経口補水液も体液に近い成分

 

経口補水液は、もともと「命を救うため」という目的で作られました。

 

日本よりもずっと環境が厳しい発展途上国において、「水分が足りないこと」は死に直結します。

 

それを避けるために、「すばやく、九州効率の良い水分を」と考えて生み出されたものです。

 

経口補水液は体から失われた水分、ナトリウム、糖質を補うために、それらを体内に吸収されやすい割合で配合され作られています。

 

基本多岐にはゆっくり飲むこと。

 

軽い脱水症状を生じている状態には、美味しく感じるものですから、薄めたり飲みやすいようにジュースなどと混ぜたりしないで摂取してください。

 

 

飲むタイミングに注意!

 

経口補水液が販売されていますが、たまに飲み方を間違えている方を目にします。

 

経口補水液は熱中症予防・水分補給を積極的にしたいタイミングで飲むものではありません。

 

体内への浸透も早いとわかっていれば、元から長時間暑い屋外にいるとわかっているときに、先に飲みたくなってしまうかもしれません。

 

しかし、オーエスワンは一般的な飲料に比べて塩分が多く含まれています。

 

また健康な状態にも関わらず、予防のためとオーエスワンを大量に飲んでしまうと、逆に水分とのバランスが崩れやすくなってしまうこともあるので気をつけてください。

 

 

まとめ

 

軽い脱水症状になってしまうと、人はのどの渇きを感じにくくなります。

 

上賀乾く前にこまめに水分補給をすることが大切です。

 

暑くない時期で、1.5時間未満の運動中の水分補給には 水でOK!

 

一方、長時間の運動や炎天下での運動の場合はスポーツドリンクが良いとされています。

 

 

スポンサードリンク