熱中症は室内でも気をつけたい6つの対策!外だけではなかった…

生活
スポンサードリンク

 

夏本番になると心配あのが熱中症です。

 

屋外だけでなく、実は室内でも熱中症になってしまうことがあるんです。

 

室内の熱中症には、どのようなことを対策すればいいのでしょうか?

 

6つの対策を紹介するので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

室内でも熱中症になる人が多い?

 

いよいよ夏本番を迎え、心配されるのが熱中症です。

 

熱中症になってしまうのは、熱い屋外でだと思い込んでいるのは危険です。

 

夏ん男厚さが厳しい日本では、屋外でも熱中症になることも多いのです。

 

自覚はしなかったけど、熱中症だった…というケースもあります。

 

熱中症にも様々な種類があり、それぞれ症状の原因は異なってきて、気になるポイントはたくさんあるんです。

 

 

熱中症とはどんな状態なのか?

fc6e6de18cf5de0503a32d8b4719b43e_s

高温環境下では、体内で生産された熱を放散するために汗の量が増えてきていますが、汗の産生が追い付かず、体内に熱を溜めこんでしまうようになった状態が熱中症です。

 

体温上昇、発汗停止とともに虚脱・けいれん・精神錯乱・昏睡などを起こしてしまい、生命の危険を伴うことがあります。

 

 

熱中症の起こりやすい場所

 

熱中症は、高温、多湿、風邪がない場所で起こりやすくなります。

 

気温が高い(25度以上)、湿度が高い(60%以上)などの環境条件。

 

気温や室温gあ20度くらいでも、湿度が80%以上ある場合は要注意です。

 

 

キッチンで調理するときにも注意

 

キッチンの熱中症は調理によって発生した熱、蒸気による湿気によっても、夏のような室内空間なってしまうことがあります。

 

 

熱中症の症状

 

めまいや立ち眩みなどの軽度なものから、体温が下がらない、意識がない、あるいは呼びかけても返事がおかしいなどの重症例まで様々な症状があります。

 

熱中症とは、症状やその症状の度合いによって分かれています。

 

  • 熱失神
  • 熱痙攣
  • 熱疲労
  • 熱射病

下に行くほど重症とされています。

 

 

知っておきたい室内の熱中症対象

 

室内の温度上昇を抑える

 

室内の温度を上昇させないように、すだれやカーテンなど直射日光をさえぎり、窓が開けられれば風を通し、それでmお温度が高いと着は迷わずにエアコンも使いましょう。

 

設定温度28度以下、湿度60%以下が基本です。

 

室温が高いと体内の熱を発散しにくくなるので、湿度にも気を配りましょう。

 

 

体を冷やすグッズを常備する

 

体を冷やすグッズも室内熱中症対策のために常備しておく必要があります。

 

簡単なところでいうとうちわや扇子は人数分用意しておきましょう。

 

後は必要に応じて、瞬間冷却スプレーも用意しておくと室内熱中症予防に効果があります。

 

 

首や脇を冷やすのもポイント

 

体を冷やす時のポイントですが、脇の下や首をしっかり冷やすのがポイントです。

 

体を冷やすのは、体の熱を下げて脳に流れる血液を正常な状態に戻すためでわきの下や首には、脳に繋がる大きな動脈があるんです。

 

この動脈を冷やして、熱を下げることが効果的ということです。

 

 

扇風機の使い方を工夫する

 

電力不足でクーラーの半分の消費電力ですむと人気の扇風機。

 

しかし、風邪に長時間、直接当たっていると、逆に汗が通常以上に蒸発してしまい、体がだるくなってしまったり、体が冷えたりします。

 

 

下着や肌は吸水性の優れた素材を選ぶ

 

下着や肌は、吸水性に優れている素材を選びましょう。

 

襟元などは熱気が外に出生きやすい緩めんおデザインを選ぶことも大切です。

 

また黒色など恋色ん男副歯熱を吸収してしまうので、避けるようにしましょう。

 

 

室内でもこまめに水分補給

 

塩分を含んだ水分wお補給することは、室内においても必要な行為です。

 

目に見えていなくても大量の汗をかいているので、知らず知らずのうちに血液中の水分と塩分は奪われてしまっているのです。

 

塩分が含まれてている「スポーツ飲料」を常に数本ストックしておくといいでしょう。

 

 

日ごろから適度に運動し、暑さに備えて体づくり

 

熱中症は急に気温が高くなったときに起こりやすいので、事前の厚さに備えた体づくりが重要といえます。

 

日ごろからウォーキングなどの適度な運動で汗をかく習慣を身に着けておくことで、夏の暑さにも対抗することができます。

 

熱中症にもかかりにくくなります。

暑さに負けない強い体を作るために、規則正しい生活と栄養のある食事を忘れないようにしてください。

 

 

スポンサードリンク