夏バテの主な原因と予防!生活習慣で対策!

生活
スポンサードリンク

 

夏バテの主な症状は、イライラしやすくなったり、やる気がなくなったり、立ちくらみや下痢、便秘といった症状に繋がります。

 

夏バテの原因や生活習慣での予防もできるので、夏バテしやすい人は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

夏バテの原因

6f8bdcc055970d7b05078c821329e54c_s

体内の水分とミネラルが不足

 

上手く汗をかくことができても、汗と一緒にナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウムなどのミネラルも出てきます。

 

夏場の日本では何もしてなくても1日1~3リットルの汗をかくといわれています。

 

単純にこれだけの水分を摂らないと身体によくないわけです。

 

 

食欲がなくなって栄養不足に…

 

詰めたい水分を摂りすぎることで胃腸の機能が低下し、食欲が落ちる原因とされています。

 

また汗と一緒にミネラルも出てしまいますし、食欲が低下することで、全体的に栄養不足になりがちなことで夏バテの理由と考えられます。

 

 

屋外と室内の大戸差によって自律神経が乱れる

 

夏バテは体温調節機能が動かなくなって自律神経調節機能が低下することが直接的原因です。

 

体温調節機能が低下すると、自律神経の調節機能が下がって内臓機能も低下するため、食欲もなくなってきます。

 

食欲がなくなると体に栄養が十分に補給されず、疲労や体調不良をおこします。

 

 

夏バテ対策

0ecd720dc6bbf0b9216fc65ac6899459_s

エアコンの設定温度をうまく調節

 

5度以上の温度差に対しては、体の温度調節機能はうまく動かない。

 

エアコンの設定温度は省エネの面からも28度ほどがおすすめです。

 

 

夏の快眠のためには頭を冷やす

 

全身を冷やさなくても、頭が冷えているとそれだけで涼しく感じます。

 

冷えるタイプの枕を使ったり、裏ワザとして、風邪用の頭を冷やすシートを使うとかなり涼しく感じることができます。

 

敷布団の上に竹シーツや寝茣蓙を敷くと身体と布団の間に隙間ができて体感温度が下がり、涼しく感じます。

 

 

少量でも良質のタンパク質やビタミン、ミネラルを摂る

 

夏バテ牡牛に効果的な食事のとり方は、タンパク質、ビタミン、ミネラルをバランスよく取るようにすることです。

 

ビタミンの中でも特に重要なのは糖質の代謝を助けるビタミンBなのでこれを積極的に摂りましょう。

 

豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれています。

 

 

刺激の強い食べ物を味方に

 

胃腸を刺激することで食欲が増進します。

 

胃液の分泌を促す食べ物には、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。

 

辛いものは、発汗による夏バテ防止効果も期待できます。

 

スパイスいっぱいのカレーは実は薬膳料理という話もあります。

 

ただし食べすぎや胃腸を痛めるのでほどほどにしてください。

 

押すなどの酸味も食欲増進、疲労回復校があります。

 

 

夏太りに注意!

 

最近は夏痩せよりも夏太りする人が増えているようです。

 

これは、エアコンの効いた部屋にいるにも拘わらず、昔の夏バテのイメージを引きずって、暑さで体力を落とさないようにとつい食べ過ぎてしまっていることも原因のようです。

 

また、夏の食事は冷たいものが多いようですが、実は冷えたものは油分も甘味も感じにくいので注意が必要です。

 

 

スポンサードリンク