長友佑都の年俸にマジ…?思っているよりも…

サッカー
スポンサーリンク

0m0e742f25d154241d252860492d726567333b3c2162067652127f3a30282b3a396036353437303e0638263662687d2f663125432d711864

日本代表で、確固とらる地位を築いている長友佑都選手。

 

しかし、インテルでの出番が激減し、この時期にガラタサライへ期限付き移籍となりました。

 

この時期に、第一子誕生など忙しい時期を過ごしているが、もうすぐ落ち着いて、プレーできるでしょうね。

 

デビュー戦は、酷評もありましたが、あまり時間のない中でも出場し、まだこれからといったところですよね。

 

そんな長友佑都選手は、余剰戦力として見られていての出場機会が激減していたわけですが、OBの評価は割と高かったようです。

 

チーム内での存在感や他の選手ではできない部分などが評価されています。

 

そうやって、試合以外のところで見てくれている選手としてはうれしいですね。

 

そこで、長友佑都選手がどんな評価を受けていて、年俸が推移しているのか見ていきましょう。

 

大幅な推移が期待できます。

 

海外組の年俸の推移は、国内から海外に移籍すると爆発的に上がりますよね。

 

どんな感じで、年俸が水していったのか?

 

年俸の推移を見ていく前に、長友佑都選手がプロ入り後の経歴から見ていきましょう。

長友佑都の現在までの経歴は?

 

まずは長友佑都選手のプロ入り後からの経歴について見ていきましょう。

 

FC東京に入団したときからですね。

 

その時は、実はまだ 大学生だった長友佑都選手。

 

母を楽させてあげたいという思いから、明治大学のサッカー部をやめて、FC東京と契約しました。

 

この決断が、長友佑都選手のすべてだったのかもしれませんね。

 

もし、大学に在籍したままであれば、ここまでの選手になれなかったかもしれません。

 

オリンピックのフル代表にも選ばれ、順調にステップアップしていき、セリエAのチェゼーナにレンタル移籍を果たします。

 

その後、完全移籍を勝ち取りました。

 

ここからが、長友佑都選手のシンデレラストーリーの始まりです。

 

セリエAの名門インテルに完全移籍を果たし、いつの間にか副キャプテンに就任していいました。

 

海外組で、名門クラブでここまでの地位を気づいていたのは長友佑都選手ぐらいではないでしょうか?

 

その後、インテルの主力として活躍していましたが、近年では、出番が少なくなってしまい。ベンチを温めるか、スタンド観戦のようなときが続いていました。

 

W杯も控えていることや年齢的にも最後のW杯になっていくと思うので、移籍は当然のことだと思います。

 

ガラタサライに期限付き移籍しましたが、ここでもう一度活躍できるかが大きなポイントになってくるでしょうね。

 

E995B7E58F8BE4BD91E983BDE382ACE383A9E382BFE382B5E383A9E382A4E88595E381AEE38390E382B9

 

来月には、日本代表の試合もあるので、長友佑都選手には、そこで代表に選ばれるのかがポイントになってきます。

 

日本代表には選ばれるでしょうが、十分なコンディションで試合に臨んで欲しいですね。

 

 

長友佑都の年収推移は本当にすごいのか?

 

長友佑都選手の年俸を考えると、きっといい金額をもらってるんだろうと予想しますよね。

 

しかし、Jリーグのときは、そうでもなかったのです。

 

2008年に、FC東京と契約した都市の年俸は、300万円。

 

初年度の年俸ということもあり、このくらいなのかもしれませんね。

 

長友佑都選手の場合、騒がれて入団したという選手ではないので、このぐらいの年俸が妥当なのかもしれません。

 

2009年には、レギュラー格の選手として活躍していた長友佑都選手。

 

当然ですが年俸もアップしています。

 

その金額がなんと、2000万円までアップしたんです。

 

2年目でここまで大幅アップしている選手も珍しいことですね。

 

選手としての実力や人気も考えてのことではないでしょうか。

 

日本代表にも選抜されていたリ、FC東京としても手放したくない選手だったでしょうね。

 

そして、2010年には、W杯もありましたし、すごく忙しい1年だったと思います。

 

この年の年俸は2500万円。

 

前年のアップと比べると、少なくない?と思うような年俸ですよね。

 

このような推移の仕方は、珍しいと思います。

 

この年俸アップの仕方を見ると、Jリーグの年俸の決め方に疑問が残ります。

 

海外のチームと比べて、資金力が内部分もあるのかもしれませんね。

 

長友佑都選手も納得いかないのではないか?と思ってしまいます。

 

そして、いよいよ長友佑都選手の海外移籍が実現します。

 

最初は、期限付き移籍なのですが、金額はどうだったのでしょう?

 

2011年には、チェゼーナに完全移籍を果たし、そのときの移籍金は2億円とされているようです。

この時の年俸は、1億1000万円ということです。

 

やっぱりJリーグとはケタ違いですね。

 

大きなクラブではないものの、これだけの金額を払えるのだから、サッカー市場の規模の大きさが伺えます。

 

その都心お途中に、インテルに期限付き移籍を果たしました。

 

GettyImages-499735640

 

2012年~2013年は、年俸も1億4000万円のようです。

 

ほぼレギュラーとして活躍していたのなら、もう少し上がっても良かったでしょうね。

 

移籍したばかりだったこともあり、大きな金額の年俸は出せなかったのでしょうか?

 

しかし、2013年~2014年には、年俸が大幅アップ。

 

4億円まで上がりました!

 

これは、長友佑都選手が大きく評価されたという証拠ですよね。

 

それ以降は、2016年まで年俸に推移はありません。

 

出場機会が激減したり、移籍の報道がされ始めたりと、騒がしい時期ではありますが、そこは持ち前の前向きさを出し、なんとか乗り切りました。

 

2017年に長友佑都選手が言っていたインテル愛で、契約延長を勝ち取りました。

 

しかも、契約延長の際は、年俸がちょっとアップの4億3000万円。

 

ちょっとのアップかもしれませんが、これはうれしい推移ですよね。

 

2019年までの契約延長ですが、今年はW杯もあるので、ガラタサライへと期限付きで移籍しました。

 

結果は、このようになっていますが、すべてはW杯のためということで、ガラタサライでの活躍に期待していきましょう。

 

長友佑都選手の年俸の推移を見てきましたが、急激な推移はやっぱり海外移籍とインテルに移籍したときですね。

 

一気に上がると、数年間は落ち着くような形でした。

 

この推移を見て、ビッグクラブに認められれば、大幅な年俸アップもあるし、知名度の高い選手とはかけ離れているなと思いました。

 

やはり、10億円以上の年俸の価値を見出すとなると、結構大変なんでしょうね。

 

そんな日本人選手が、これから出てくるのか期待しちゃいますね。

 

 

まとめ

 

長友佑都選手の年俸について見てきました。

 

やはり海外移籍すると年俸は大幅に上がりましたね。

 

それだけ世界のサッカー市場の規模の大きさがよくわかります。

 

世界の注目を集めることができれば、ステップアップもできますし、選手としては魅力的ですよね。

 

長友佑都選手だけでなく、欧州リーグの道が数多く開かれている現状ではあるので、若い選手は早めに欧州の空気を感じて欲しいですね。

 

そうすることで、日本サッカーはもっと強くなると思います。