清塚信也の嫁は乙黒えり!経歴や子供に情熱大陸では!

目安時間:約 6分

1471658840647

天才ピアニストとしてもてはやされるイケメンピアニストの清塚信也さん。

 

情熱大陸にも出演するようです。

 

2012年に女優の乙黒えりさんと結婚していて、清塚信也さんと乙黒えりは、知人の紹介で出会ったようです。

 

そんな清塚信也さんについて調査してみましょう。


スポンサードリンク

清塚信也の嫁は乙黒えり!子供は多国籍美人!

 

清塚信也さんと乙黒えりさんは、2012年に結婚していて、知人の紹介で出会ったのだとか。

 

乙黒えり3-248x300

乙黒えりさんは子供の頃にピアノを習っていた経験もあり、音楽好きというとで意気投合し、そのまま交際に発展したのだとか。

 

そして2012年4月に婚姻届けを提出し、6月には乙黒えりさんの妊娠が発表されました。

 

津年緒11月に、第1子となる女の子が生まれました。

 

続いて2015年4月にも女の子が生まれているので、清塚信也さんは2人の子供のパパということです。

 

また、清塚信也さんは日本人の父と韓国人の母の間に生まれたハーフであることが知られています。

 

妻の乙黒えりさんも、タイ、英国、日本の混血なんだとと。

 

ちなみに彼女はタイ・バンコク生まれの神奈川県育ちだそうです。

 

ということは、清塚信也さんと乙黒えりさんの子供には、4カ国の血が流れているということになります。

 

乙黒えりさんのブログなどを見ると、やはり清塚信也さんの子供たちは、日本人離れした美人です。

 

 

清塚信也が高嶋ちさ子を怒らせた性格とは?

 

清塚信也さんの性格ですが、感情が高ぶると、つい乗ってしまうタイプなんだとか。

 

これはあくまでピアニストとしてということですが、演奏中に乗ってしまうと、リハーサルと違うテイストの演奏をぶつけたり、大胆なフレージングをやってしまい、共演者を怒らせてしまうこともあるのだとか。

 

ちなみに怒らせてしまった演奏者は、バイオリニストの高嶋ちさ子さん。

 

自身のブログでは「妄想の中の旅が、子供の頃から好き」と告白しています。

 

ネット上では「妄想癖」とされていますが、これも楽想に帰結する性質なのかもしれませんね。


スポンサードリンク

 

 

清塚信也が中村紘子に師事は偽証だった?

 

清塚信也さんのプロフィールには、ショパン国際ピアノコンクール入賞者である中村紘子さんに師事していたとあります。

 

kiyozuka

清塚信也さん自身も「中村先生はピアノ演奏に対して厳しくストイックなレッスン。いつもガチガチでまともな演奏ができなかったが、凄く鍛えられた」と、当時の様子を振り返る発言をしていました。

 

しかしこれが偽証だったと報じた、2008年7月24日発売の「週刊新潮」。

 

中村紘子さん本人が、レッスンの事実を否定しています。

 

また、清塚信也さんがモスクワ音楽学院在学中に師事していたとしているセルゲイ・ドレンスキーも事実関係を否定しているとされ、清塚信也さんの金銭トラブルや人間性を酷評する内容の証言をしているとも書かれていました。

 

清塚信也さんが自称している元韓国大統領・金泳三との親戚関係にも偽証なのでは?とされています。

 

この記事をうけて、清塚信也さんの所属事務所が「事実とは違う」と釈明するコメントを発表しましたが、特に起訴などになった気配もありません。

 

真相はどうなのか気になりますよね。

 

 

清塚信也の実力は?経歴詐称は妄想癖?

 

ショパンと同じくらいに小さな手の清塚信也さん。

 

手が大きなリストやラフマニノフの曲を弾きこなすなんて驚きです。

 

こうした実力が認められても、経歴偽証などの不穏な噂が絶たない清塚信也さん。

 

数々の受賞歴を誇るコンクールさえ、実はそれ自体が大したレベルのものではなかったとする声もあるようです。

 

清塚信也さんが、年間200回を超えるコンサートをこなす売れっ子ピアニストたる理由は、ピアノへの情熱と実力に他なりません。

 

幼少期、2歳年上の姉のバイオリンレッスンに3年間付き添うことで、絶対音感を養ったといいます。

 

ピアノを習い始めてからメキメキと頭角を表しましたが、桐朋学園時代は、自分がピアノマシーンになっていることに気づきます。

 

常にピアノしかしなかったけど、自分の意思ではなかったことに葛藤を覚え、ロシアから帰国したときにはピアノが嫌いになったのだとか。

 

しかしその後、映画「神童」のサントラ演奏を自分で売り込むほど熱意を取り戻しました。

 

偽証疑惑が清塚信也さんの妄想だとしても、あの小柄な体から繰り出されるパワフルな演奏。

 

俳優としても十分に通用する端正な容姿を見れば、支持したいという方が多いことにも頷けます。


スポンサードリンク

カテゴリ:タレント 俳優 

ページの先頭へ