サッカー観戦初心者の女性でも日本代表戦が楽しめる見どころが…

サッカー観戦初心者の女性でも日本代表戦が楽しめる見どころが…

gahag-0069160734-1

ロシアワールドカップが近づきワクワクしますね。

 

普段はそんなにサッカーを見ないけど、日本代表戦だけは見るという人は多いのではないでしょうか?

 

そんなライトなサポーターがつまずくのは

「シュート以外の瞬間が退屈すぎずっと見ていられない」

「いいプレーと悪いプレーの違いがわからない」

という問題。

 

まわりに合わせて「イケメン選手だけチェック」するの良いのですが、見どころを抑えるとサッカーがただの点取りゲームではないことがわかります。

 

今回は、サッカー観戦初心者ん男方のmために見どころはどこなのか説明していきます。

スポンサードリンク

試合結果に大きく影響する決定的なプレー

 

 

ゴール

 

やはり、サッカーで一番盛り上がって、サポーターが興奮するのはゴール前後の瞬間ではないでしょか。

 

ゴール1つとっても試合の状況によって価値が代わってきます。

 

決勝点、同点ゴール、先制ゴール、戦況の決まったあとでのあまり意味のないゴールなど得点を決めた状況によってその価値は異なってくるのです。

 

今は行ったゴールは決勝点なのかあまり意味のないゴールなのか意識してみるのもいいでしょう。

 

また、華麗なバイシクルシュートなのか、あり得ない距離からの強烈なシュートなのか、見た目は地味だが高い技術を必要とするゴールなのか、PK、フリーキックからのゴールなのか、難易度、美しさなどからもゴールの価値は違ってきます。

 

シュートミスは残念ですが、PKミスは試合の明暗を大きく変える「許しがたい失敗」の一つです。

 

ゴールするかしないかで試合の流れは大きく変わってしまうのです。

 

 

アシスト

 

だんだんサッカーがわかってきたら次はゴールにたどり着くまでの過程を見てみるとさらに面白くなってきます。

 

ゴールのひとつ前の過程がアシストです。

 

アシストはゴールに直結したパスのことを言います。

 

ゴール同様、敢行時の状況、難易度、美しさなどによって価値は変わってきます。

 

ゴールよりは「決定的な仕事度」は下がりますが、アシストができる選手は得点に貢献する選手なのです。

 

サッカーにおいて非常に重要なプレーヤーとなります。

 

このアシストを行う選手は「トップ下」といわれるポジションの選手が多いです。

 

今の日本代表でいうと10番の香川真司選手がそのポジションに入っていることが多いですね。

 

かつては中村俊輔選手、もっと昔になるとラモス瑠偉選手がトップ下でプレーしていて、チームの司令塔としてチーム全体の攻撃をまとめていました。

 

パスを出した選手が次にまたパスを受けるために走り出したりするので、どんな動きをするのか注目して見るのも面白いですよ。

 

 

ボランチの黒子としてのプレーに注目しよう!

 

少しサッカー観戦のポイントが分かったらゴール、アシスト以外の得点に絡む決定的なプレー、あるいはディフェンスの失点を未然に防ぐプレーにも注目して見ましょう。

 

たとえば、その後のゴールにつながる中盤でのゴールダッシュや効果的なロングパスなどがあります。

 

通ってしまうと確実に失点したと思われるスルーパスのインターセプトなど。いぶし銀の一見地味なプレーなんですが、その試合の結果を左右するプレーをする選手はどのチームにも必ず存在します。

 

「ボランチ」というポジションを任せられている選手がその役割をになることが多いです。

 

日本代表でいうと長谷部誠選手が有名です。

 

サッカーを知っている人がそばにいたら応援するチームの「影の仕事人」について聞いてみるとまた面白いと思います。

 

ボランチがボールを持つとサイドにいる選手が攻めあがったりして、チーム全体が攻撃へと動き出します。

 

現代サッカーで非常に重要な役割を担っているポジションなので、ゴール、アシストがわかったら、ボランチが誰なのか調べておくとサッカー観戦レベルが上がることは間違いないでしょうね。

 

 

ゴールキーパーのスーパーセーブ

 

想定的に力が劣るチームが強いチームと戦うときは、ゴールキーパーがゲームの主役になることも多いです。

 

PK(ペナルティーキック)では、シュートを一回でも止めれば試合結果を決めることになります。

ワールドカップそもそもどんな大会なのか?初心者のために簡単な流れと基本ルールを

 

ネガティブな決定的なプレー

3ad48699e3acdbb43c1ef27ef78972a8_t

ディフェンダーの選手はミスをすると失点に繋がってしまいます。

 

失点に絡む決定的なミスもいろいろあります。

 

たとえば、自軍のゴール前でボールを奪われたパスミス。

 

パスミスをした選手がその失敗を埋めるためにあいてせんしゅをファウルで止めることがよく起きます。

 

本当に必要なファウルであれば仕方がないのですが、不必要なファウルで無駄な警告をもらったり、最悪の場合には、レッドカード(退場)をもらい、見方を数的不利に追い込んでしまいます。

 

退場する際に暴力的な行為、暴言などがともなった場合、非常に重い裁定がなされ、その後の試合にその選手が出場することが難しくなります。

 

 

サッカー観戦が中級者になったころの見どころ!

 

マリーシアといわれる試合中に行われる「巧妙な駆け引き」に注目して見てください。

 

PKを獲得するためにファウルされていないのにゴール前でわざと転んだりするプレーが代表的です。

 

南米の選手なんかが得意としていますね。

 

リードしている状況の試合終了間際にパス回しをして「適切な時間稼ぎ」をするなど、悪くいうとずるがしこいプレーなんですが、勝つためには非常に重要なプレーです。

 

 

まとめ

 

最初は解説者などがよく口にする選手に注目するのもいいかもしれません。

 

解説者が注目しているからには、その選手の特徴が何なのか?特別な技術を持っているので、興味を惹かれることをしてくれるはずです。

 

通な見方としては、どのポジションでもいいから好きな選手を一人作っておいて、その選手だけをずっと見てるとか。

 

日本代表の試合になると、無駄な動きが少ないので、プレイ一つ一つが、ゴールにどうやって繋がっているのか注目して見るのもサッカー観戦力が上がってくるでしょう。

 

サッカー初心者もこの記事をきっかけにワールドカップを楽しんでください!

 

 

スポンサードリンク