【2018年】関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!

【2018年】関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想!

3360a1814bd0bc8a9da7f3e5d5622275_s_convert_20160813184504

2018年の関西・近畿地方の梅雨入り・梅雨明け予想を作用回していきます!

 

昨年は、平年よりも少し長めな梅雨時期だった関西・近畿地方。

 

関西は沖縄が梅雨入りしてから1ヶ月ほどでやってくることが多く、2018年もそっこまで変わらないと思います。

 

では、具体的に関西・大阪周辺の梅雨入りはいつ頃になるのか、その予想を紹介していきます。

スポンサードリンク

【2018】関西・近畿地方の梅雨入り予想は?

 

沖縄の梅雨入りは、毎年4月の終わりから5月にかけて気象庁から予想が発表されます。

 

そして九州南部、北部で発表があってから、関西の梅雨入りはそれに続くといった感じが多いと思います。

 

ただ梅雨入りの発表は、「梅雨入りしたとみられる」という予想!

 

このように、確実に梅雨入りしたとは言えなのです。

 

台風などンお発生などでも梅雨入り時期は大きく変化してくるため、「梅雨入りしただろう」という言い方しかできないようです。

 

2018年の監査院お梅雨入り予想は、例年を参考にすると

6月1日~6月10日ごろ

予想としてはこのあたりではないでしょうか。

 

2000年以降の梅雨入り表を見ると流れもわかりやすいので、編年の関西のデータをまとめてみました。

 

関西・近畿地方

5月20日~31日

6月1日^10日:10回

6月11日以降:5回

 

6月1日~6月10日あたりが多いようです。

 

また、平年が6月7日ごろとなっているので、これmお梅雨入り予想の参考になると思います。

 

これらから総合すると、2018年の梅雨入り予想は

6月1日~6月10日ごろ

このあたりではないでしょうか。

 

そして、ここからおおよそ40日~50日ほど梅雨の時期が続きます。

 

 

【2018】関西・近畿地方の梅雨明け予想は?

picture-361

2018年の関西・近畿地方にかけての梅雨明け予想は、例年を参考にすると

7月15日~7月24日ごろ

予想としてはこのあたりになるのでしょうか。

 

200年以降の梅雨明け表を見てみると流れ安いので、平年の関西・近畿地方のデータをまとめてみました。

 

関西・近畿地方

7月1日~10日:2回

7月11日~20日:11回

7月21日~31日:3回

8月以降:2回

 

また、平年が7月21日ごろとなっているので、これmお梅雨明け予想の参考になると思います。

 

これらから総合すると、2018年の梅雨明け予想は

7月15日~7月24日ごろ

このあたりではないでしょうか。

 

 

最後に

 

あくまで予想になるので、その年の気象状況によっても大きく変化します。

 

ただ、毎年のデータからの予想ですが参考にはなると思います。

 

また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあります。

 

そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。

 

梅雨の時期はじめ自演してうっとおしい日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折りたたみ傘などを備えておいた方がいいですね。

 

 

スポンサードリンク