すぐに使えるアナウンサーたちの「会話術」がめちゃ役立つ!

すぐに使えるアナウンサーたちの「会話術」がめちゃ役立つ!

dfd9eb1c0350dbabfdf878f47de51534_s
会話でどうしようかな?ってことありますよね?

 

何事にも通用する会話術をまとめてみました。

 

会話には「才能」なんて必要ありません。

 

とにかく使えそうな会話のコツや具体的なアドバイスを紹介します。

スポンサードリンク

もっと話したくなる促すフレーズ

 

会話を上手に進めるためには「それでどうなったの?」「具体的にどういうこと?」のような呼び水となるようなフレーズが有効です。

 

相手は「次こっちね、それを話せばいいのね」と迷わずに話すことができるのです。

 

 

相手の注意を引くための予告ワード!

 

「結論から申しますと」「大事なポイントは」というような、これから話す内容の重要性を予告することで、相手の注意を引くことができます。

 

 

本音を引き出すためのマイナス同調

 

心が弱っている人にとっは「まだ慣れないよね?」のように、相手に寄り添うようなことを代弁してあげることで、グッと本音が言いやすい雰囲気が作れます。

 

ルールさえ覚えれば怖くはありません。

 

「コミュ障は治りませんが、コミュニケーションのルールさえ覚えれば、誰でも会話は上手になれる」

実践に実践を重ねることが必要です。

 

 

先入観をぶつける

 

「人には誤った情報を訂正するときに一番よく喋る」という特性を活かしてみましょう。

スポンサードリンク

 

自分の中にある先入観をそのままぶつけてみてください。

 

 

なぜではなく、どうやって

 

「なぜ」という言葉を使うと、相手が戸惑ったり回答が抽象的になってしまうことがあります。

 

「どうやって」という言葉を使ってその考えや行動に至った過程を聞くことが重要です。

 

 

?をつけることで会話は終わらない

 

「聞く」スキルを高めることで、スムーズに会話が続くことに気づきます。

 

とりあえず最後に「?」をつけることで、質問に変えれば会話は止まることはありません。

 

あがり症だからこそわかった「法則」。

 

大御所芸人も思わずうなってしまうような機転のきいた切り返しや話の引き出し方、「ビビり」ゆえの準備術などが必要になってきます。

 

 

自分への期待値を下げる

 

そもそも緊張は、「失敗したくない」=「ちゃんとしゃりたい」という思いから起こるものです。

 

「完璧にビシッとこなすことだけが、人を焚きつけるわけではない」くらいの開きなおりが、いい結果に結びつきます。

 

 

自分の味方を見つける

 

お客さんが大勢いる中で、ざっと見回してください。

 

「ウンウン」ときいてくださる方、表情が豊かな方が1人はいるはずです。

 

まずは「しばしこの時間をあなたに捧げます」という気持ちで、頼もしい「味方」=「聞き手役」になってもらうのです。

 

 

まとめ

 

会話でどうしよう?と思うことは誰にでもあると思います。

 

何事にも通用する会話術は、実践による実践の積み重ねで、才能なんて必要ないのです。

 

あなたも会話に困ることがあるなら、ぜひ実践してみてください。

 

 

スポンサードリンク