香川真司の年収が驚愕!ドルトムントではどんな存在なのか?

サッカー
スポンサーリンク

47f9b607-0972-cdcb-8a66-2d61dadc6db9

若くして、ドイツに渡って世界的に有名になった香川真司選手。

 

成功すると思った人はほとんどいなかったでしょうね。

 

実際には、ドルトムントにフィットしていたようで、絶対的存在であるバイエルンとも互角以上に渡り合い、リーグ優勝にも大きく貢献しています。

 

それだけでなく、体格などを考えれば、欧州は厳しいところだと思っていたのですが、持ち前のテクニックとアジリティで他を圧倒していました。

 

香川真司選手の成功で、ブンデスリーガに移籍する日本人選手も増えてきました。

 

ブンデスリーガでの日本人の評価も良くなってきました。

 

昔でいうと、三浦知良選出がセリエAの門戸を開いたような気がします。

 

ブンデスリーガの後半戦も日本人選手が所属しているチーム同士の対決も盛り上がりそうです。

 

そんな香川真司選手ですが、ドルトムント側もそんなに期待していなかったような気がします。

 

移籍金は4000万円でしたからね。

 

ドルトムント側としても、安く買って高く売るといったやり方を考えていたのでしょうね。

 

あとは、日本での市場のこととも絡んでいそうです。

 

今ではドルトムントサポーターに愛される存在までになっていますからね。

 

ドルトムントで信頼される選手の一人となっています。

 

ドルトムントでは、いくら年俸をもらっているのでしょう?

香川真司のドルトムントでの年俸はいくらぐらい?

 

香川真司選手は、ドルトムントでどのぐらい年俸をもらっているのか?

 

きっと数億は確実ですよね?

 

では、セレッソ大阪時代からの年俸の推移から見ていきましょう。

BpZnR0JCYAA5OgE

2007年にセレッソ大阪時代の年俸は360万円でした。

 

高校生でセレッソ大阪に入団。

 

しかも、下部組織の選手ではなかったようですね。

 

一年目ということもあり、この年俸ですが、A契約にならないとそれ以上の年俸にはならないですからね。

 

2008年にセレッソ大阪での年俸は800万円でした。

 

A契約を結んだのでしょうね。

 

香川真司選手の才能に期待してのことでしょうね。

 

2年目で年俸が倍になることは珍しいですよね。

 

2009年には、セレッソ大阪で2800万円の年俸でした。

 

J2の得点王に輝いたことや、セレッソ大阪の顔としての評判ですね。

 

セレッソ側としても、引き抜かれたくないでしょうから、大幅にアップしたのでしょうね。

 

そして、2010年にドルトムントに移籍をします。

 

ドルトムントに加入ごんお年俸は、やはり大幅に上がりましたね。

 

2010年のドルトムントの年俸は1.4億円

 

ドイツの名門ドルトムントですからね、良い時期にドルトムントに行けましたよね。

 

高原が代理人に紹介したという話もあります。

 

2011年のドルトムントでの年俸は6億円でした。

 

予想以上の活躍をしてくれていますよね。

 

ブンデスリーガの上半期のMVPってすごい活躍ですよね。

 

しかもブンデスリーガの優勝にも大きく貢献しました。

 

その活躍が認められ、年俸の大幅アップの複数年契約を勝ち取りました。

 

ドルトムントのチーム関係者は大喜びでしたよね。

 

2012年のドルトムントでの年俸は6億円。

 

まさに、この時代は香川真司選手も時代でしたよね。

 

ドルトムントのリーグ戦連覇に貢献し、香川真司選手自身もステップアップしていますね。

 

プレミアムリーグの名門、マン・Uに移籍。

b389f9d8-2767-4713-9596-2bfbc59b3022

2013年にマンチェスターUでの年俸は8億円。

 

あの名称ファーガソンに認められて入団しました。

 

ファーガソン自ら試合を観に行くほどのほれ込みようだったとか。

 

年俸も大幅アップでしたね。

 

あのルーニーともプレーをし、マンチェスターUのリーグ制覇にも貢献しています。

 

移籍して、タイトルに貢献は選手としてうれしいですよね。

 

そして、翌年の年俸は大きく跳ね上がり、2014年のマンチェスターUでの年俸は11億円。

 

しかし、この年には落とし穴がありました。

 

香川真司選手を気に行ってくれていたファーガソンが勇退し、新監督にモイーズになった瞬間出番も激減し、最終的にはドルトムントに移籍することになりました。

 

2015年のドルトムントでの年俸は6億円。

 

年俸は減少しましたが、香川真司選手の精神的には楽になったのではないでしょうか。

 

年俸どころの問題ではなかったのだと思います。

 

このドルトムントへの復帰の際には、チームもそうですし、サポーターも温かく迎えてくれましたね。

 

結果的には、プレミアに適応できなかったといわれましたが、香川真司選手の今後ンおサッカー人生を考えればよかったのかなと思います。

 

2016年以降のドルトムント電お年俸は、6億円のままだと聞いていますが、どうだったのでしょう?

 

複数年契約だから、年俸が上がらなくてもしょうがないですかね?

 

現在は、ドルトムントで調子も取り戻しつつありますし、年俸関係なく活躍してくれるでしょうね。

 

ただ、相方のエースが移籍しそうなので、香川真司選手に対する負担が大きくなりそうですね。

 

マンチェスターUに移籍した名MFもエースと同じクラブになるのではないかと噂されています。

 

とにかく、今、香川真司選手にとって、W杯のこともあるので、ドルトムントでの活躍だけを考えて欲しいですね。

 

ところで、昨年のドルトムントとの契約延長をしたよですね。

 

ドルトムントにとって手放したくない存在なんですね。

 

では、ドルトムントにとって香川真司選手は、どのような存在なんでしょう?

http://achieve05.net/kagawa-2-12189

 

香川真司はドルトムントにとってどんな存在?

 

昨年、2020年6月末まで、契約延長をした香川真司選手。

 

推定年俸ですが、500万ユール。

 

日本円で、6億5000万円になるそうです。

 

年俸は少しアップですね。

 

この年俸は、マルコ・ルイス、マリオ・ゲッツェといった選手たちに次ぐ、ドルトムントでは5番目の年俸になるようです。

img_3b83b88b5c025e3cab4ba92798da5aa4175536

この時の発表の仕方は、ドルトムント側が香川真司選手に対して、どんな存在であるかをわからせてくれましたね。

 

契約更新を香川真司選手の母国で行うこと=香川真司選手への敬意もあったのでしょうね。

 

それ以上に、ドルトムントには、アジアでのプロモーションをかけるのにも絶好の機会だったのでしょうね。

 

香川真司選手が、ドルトムントにおける親善大使のような役割は果てしなく大きい、ドルトムントが日本ほど人気があるのも香川真司選手の功績になるところが大きいですね。

 

アジアでのマーケットを考えれば、アジア人である香川真司選手の影響が大きいと判断したのでしょうね。

 

世界的スター選手を擁するクラブは、アジアでも人気が高いですが、ドルトムントも十分力はありますが、世界的にすごく有名な選手がいないため、香川真司選手に頼るところも大きいのかもしれませんね。

 

当たり前の話かもしれませんが、マーケットだけで香川真司選手に好条件で契約延長することはなく、戦力としても大きな期待を寄せているのでしょうね。

 

ドルトムントにとっては、戦力としても、マーケットとしても大切な存在であることは間違いありません。

香川真司選手自身も、自分の役割をわかっていると思います。

 

それと同時に、自身のプレーにも集中して欲しいですね。

 

 

まとめ

 

香川真司選手の年俸は、現状のまま何年かは続きそうですね。

 

しかし、変な噂もあるようで、もしかしたらの可能性もありそうで怖いです。

 

香川真司選手は年俸で動くような選手ではないので、大丈夫だと思います。

 

最近は、チームの雰囲気がよくないようなので、そこから抜け出せば、香川真司選手が輝けるかどうか決まってきますね。

 

上手い方向に転がって欲しいです。

 

多くのサポーターが、香川真司選手の代表復帰を待っていますので、ドルトムントでの活躍を期待しています。