「ハゲタカ」5話あらすじと4話感想!アランに裏切られ反撃が始まる!

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

ドラマ「ハゲタカ」の4話が放送されました。

第1章が終了し、三つ葉銀行の隠し口座発覚!

鷲津の父の割腹自殺の真相が放送されました。

4話からは2章が始まったで、4話の感想と5話あらすじをまとめていきます。

 

スポンサードリンク

「ハゲタカ」4話感想!

ドラマ「ハゲタカ」3話感想と4話あらすじ!鷲津には真の目的があった!
ドラマ「ハゲタカ」の3話が放送されました。 日光「みやびホテル」の買収に乗り出した鷲津。 松平貴子はどう受け入れていくのでしょう? 鷲津が三葉銀行やみやびホテルに近づいた本当の理由が明らかになっていきます。 では、3...

国内有数の電機メーカー「あけぼの」を狙う、ファインTDの滝本。

滝本を演じる高嶋政伸さんが、いい味出してますね。

独特な髪形も健在で、すっかり嫌な役が板についた印象があります。

鷲津のホワイトナイトにより、買収をあきらめたように見える滝本。

しかし、次々と陰湿なてを使って、さらに鷲津もあ蘭の裏切りによって、ホライズンジャパンを解雇されてしまいます。

しかし、ここで動じることのない鷲津。

新たなファンドを立ち上げて、あけぼのをバイアウトすると宣言します!

来週から、本格的な鷲津VS滝本の買収合戦が始まっていきそうですね。

綾野剛さんが演じる鷲津も、最初こそ大森南朋さんと比べられていましたが、だんだんと板についてきたような気がします。

独特な言い回しや名言も楽しみになってきて、今後はますます目が離せなくなってきました。

来週の5話も期待したいですね。

 

 

みんなの感想は?

 

 

 

「ハゲタカ」5話あらすじ!

 総合電機メーカー『あけぼの』の買収を狙う『ファインTD』社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)の策略と、腹心の部下だったアラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野剛)。

しかし、佐伯(杉本哲太)や中延(光石研)ら鷲津を慕って付いてきた仲間たちと新たに『サムライファンド』を立ち上げ、『あけぼの』を守るためにふたたび滝本と対峙する準備を始める。

一方、『あけぼの』の再生担当執行役員・芝野(渡部篤郎)は、『ファインTD』の買収から会社を守るため、レーダー開発部の売却を検討。

その動きを知った鷲津と滝本は、それぞれ方針を水面下での「あけぼの」株の争奪戦に切り替える。

その頃、ホライズンジャパン・パートナーズの新社長に就任したアランは、これまでに鷲津が手がけてきた企業の株式を次々と売却していた。

貴子(沢尻エリカ)が社長を務める『日光みやびホテル』もそのうちの一社に。アランから、2週間の猶予の間に51億円を用意するよう告げられた上、鷲津がホライズンを解雇されたことを聞かされた貴子は、途方に暮れるのだった…。

そんな中、『あけぼの』製のコンピュータに不具合が生じ、株が大暴落。

『ファインTD』の後ろ盾となっているアメリカ大手の軍産ファンド『プラザ・グループ』による先制攻撃と見た鷲津たちは、資金を調達し徹底的に『あけぼの』株を買い集める。

こうして『サムライファンド』と『ファインTD』の壮絶な株争奪戦の幕が切って落とされる!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka/story/0005/

 

 

まとめ

 

ホライズン・ジャパンを解雇された鷲津には、力強い味方として実力のある精鋭スタッフが一緒について来てくれることになりました。

しかし、違約金は受け取らず、後ろ盾がない鷲津はいったいどうしていくのか。

実は、あけぼのの会長と繋がりがあり、新たなファンドを立ち上げた後、あけぼのの株式をかき集め、最終的に会長から買収するのではないかとも感がられます。

思い入れのある企業とのつながりも利益も、どちらも勝ち取るというのがハゲタカである鷲津の目論みかもしれませんね。

来週の5話が楽しみです。

 

 

スポンサードリンク