ドラマ「ハゲタカ」3話感想と4話あらすじ!鷲津には真の目的があった!

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

ドラマ「ハゲタカ」の3話が放送されました。

日光「みやびホテル」の買収に乗り出した鷲津。

松平貴子はどう受け入れていくのでしょう?

鷲津が三葉銀行やみやびホテルに近づいた本当の理由が明らかになっていきます。

では、3話感想と4話あらすじについて調べていきましょう。

 

スポンサードリンク

「ハゲタカ」3話感想

ドラマ「ハゲタカ」2話感想と3話あらすじ!ゴールデンパラシュートとは?
綾野剛さん主演のドラマ「ハゲタカ」2話が放送されました。 鷲津のイメージが大森南朋さんのイメージの方も多いと思いまうが、綾野剛さんのツンデレな感じもいいですね。 ドラマ「ハゲタカ」には金融業界の言葉がたくさん出てきますね。 ...

3話では貴子が踏ん張りましたね。

鷲津にしっかり覚悟を示すことに成功しました。

こちらも命がけという感じがいいです。

そして、その覚悟を認めた鷲津の「あなたの覚悟受け入れます」にやっぱり綾野剛さんはかっこいいなと思いましたね。

しかし鷲津がこのホテルにこだわっていたのは、両親がかかわっていたんですね。

両親にとって特別なホテルだったから鷲津もあれ駄犬お思い入れがあり、なくしたくない買収って感じだったんですね。

そして鷲津が飯島を狙う理由も明らかになりました。

父親が彼らのせいで、倒産に追い込まれていたとは…

でも彼らと違い、間接的に命を奪うようなことはせずに、お金と仕事とかそういうことで、きっちり復習するっていうのがさすが鷲津という感じですね。

同じレベルの人間には落ちないというプライドを感じますね。

回を重ねるごとに面白くなっていきますね。

次回から2部になる「ハゲタカ」が楽しみです。

 

 

みんなの感想は?

 

 

「ハゲタカ」4話あらすじ!

鷲津(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年――鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策していた。

その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が『あけぼの』の再生担当執行役員に就任。

それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。

経営状態が良くない企業で容赦ないリストラを断行し“首切り屋”とも揶揄されながらも、いくつもの企業を再生させてきた芝野を警戒する鷲津。

佐伯(杉本哲太)、中延(光石研)らは鷲津の指示に従うが、アラン(池内博之)だけは、その判断に反発を示すのだった…。

そんな中、PCメーカー『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)が『あけぼの』買収に動き始める。

『ファインTD』を一代で大きく成長させた滝本は、カリスマ経営者として名を馳せていたが、一方で業績拡大のためなら手段を選ばないという強欲な一面も持っていた。

大手の『あけぼの』を手中に収め、さらなる事業拡大を図ろうとする滝本。

『あけぼの』に対し、最初は友好的な救済的買収を提案するが、芝野と社長の諸星恒平(筒井道隆)が拒否すると途端に態度を変え…?

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka/story/0004/

「ハゲタカ」5話あらすじと4話感想!アランに裏切られ反撃が始まる!
ドラマ「ハゲタカ」の4話が放送されました。 第1章が終了し、三つ葉銀行の隠し口座発覚! 鷲津の父の割腹自殺の真相が放送されました。 4話からは2章が始まったで、4話の感想と5話あらすじをまとめていきます。

 

まとめ

 

ドラマ「ハゲタカ」3話で1部が完結しました。

みやびホテルの買収に、誠実に対抗して見せた貴子は芯の通った素晴らしい社長でしたね。

妹と姉と一緒にホテルを再建することに協力するようになっていて安心しましたね。

妹が目を覚ましててくれてよかったですね。

そして、鷲津がホテルを買収しようとしたのが両親トンおおもいでを守るためだったということも素敵な理由でしたね。

父親の自殺の原因となった飯島への復習も、鷲津らしいキレのいいやり方でしたね。

鷲津の「あなたは生きている、私の父とは違って。」のセリフにはしびれましたね。

2部では強敵・高嶋政伸さんが登場するので、面白くなっていきそうですね。

 

 

スポンサードリンク