ドラマ「ハゲタカ」2話感想と3話あらすじ!ゴールデンパラシュートとは?

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

綾野剛さん主演のドラマ「ハゲタカ」2話が放送されました。

鷲津のイメージが大森南朋さんのイメージの方も多いと思いまうが、綾野剛さんのツンデレな感じもいいですね。

ドラマ「ハゲタカ」には金融業界の言葉がたくさん出てきますね。

2話では、ゴールデンパラシュートなどもできますがいったい何のことなんでしょう?

今回は、ドラマ「ハゲタカ」2話感想と3話あらすじをまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「ハゲタカ」2話の感想

ドラマ「ハゲタカ」1話感想と2話あらすじ!綾野剛主演でNHK版とは違う?
綾野剛さん主演のドラマ「ハゲタカ」1話が放送されましたね。 綾野剛さんがどんな鷲津を作り出すのか楽しみです。 NHKでも大森南朋さん主演でドラマ化されています。 ドラマ「ハゲタカ」1話の感想や2話のあらすじなど、ネット上で...

綾野剛さんお鋭い目つきで「無能」といわれるとぞくぞくしてしまいますね。

その後に「あなたはまだ生きている」という少し暖かい言葉、ツンデレ感がたまりません。

2話では、沢尻エリカさんの方は、妹の婿に借金を背をわせるため社長にしようとしていました。

そのお金で追加融資を受ける手はずだったところ、婿が逃げてしまい先行き不安という感じです。

最後に、沢尻エリカさんが社長になって融資を受けることになるようですね。

アトムファンドとホライゾンパートナーズで入札を繰り返していき、綾野剛さんは上限を超えたのでこれ以上入札できないところ。

ジャンク債の15億円をそっと紛れ込ませているところを16億円入れてさらに勝ちに行く綾野剛さん。

アトムファンドのジャンク債が、綾野剛さんがバラしてアトムファンドが融資を追加できません。

国内有数の寝具メーカー・太陽ベッドはホライゾンパートナーズに落ちてしまいます。

かたせ梨乃さんがアトムファンドに肩入れして邪魔したことに対して、綾野剛さんは首を言い渡します。

裁判を起こすことも辞さないという態度で最後にはかたせ梨乃さんの息子に塩を送って終わりましたね。

 

 

みんなの感想は?

 

 

 

「ハゲタカ」のゴールデンパラシュートの意味は?

 

ハゲタカは企業買収のドラマなので金融業界の言葉が結構出てきます。

でも、意味が分からない言葉も多いですよね。

調べたところ、ハゲタカのHP上で復習・予習で語彙の説明されていました。

ちなみにゴールデンパラシュートは

業績不振企業の経営者に耐えられる巨額の退職手当。
これを受け取らせることによって、買収を認めさせるなど、駆け引きに使われる。

という意味でした。

1話で出てきたバルクセールというのは

回収困難になった不要債権を投資会社に一括でまとめ売りする取引。

というものでラストルックも開設された下りました。

ハゲタカを見る際はHPを見ながら語彙を検索した方が見ていてわかりやすいかもしれませんね。

 

 

ドラマ「ハゲタカ」3話のあらすじ

父・重久(利重剛)に代わり、日光みやびホテルの社長に就任した貴子(沢尻エリカ)。

彼女のもとに現れた鷲津(綾野剛)は、ホライズンジャパン・パートナーズが日光みやびホテルを買収することを宣言する。

取引銀行から債権と株式を譲渡され、さらには行方をくらましている珠香(木南晴夏)の夫・寿(池田良)の持ち分をも手に入れていたホライズンに、貴子も芝野(渡部篤郎)もがく然。

しかしそんな貴子に、鷲津は「このホテルを手に入れようとしているのは、奪うためでも壊すためでもない」と話す。

鷲津の真意を問う貴子だったが、鷲津は逆に「我々の買収に対抗するのなら、覚悟を示してほしい」とだけ伝えるのだった。

そんな中、三葉銀行は常務取締役の飯島(小林薫)の陣頭指揮のもと、地方と企業を支援するプロジェクト『三葉ふるさとファンド』を設立することに。

その第一候補として日光・鬼怒川が挙がり、日光みやびホテルもファンドの支援を受けられることになる。

しかし、『三葉ふるさとファンド』の本来の目的を知った芝野は複雑な思いを…。

さらに、『三葉ふるさとファンド』の動きを知った鷲津は飯島に会い、牽制の意味を込めて、ある揺さぶりをかける。

やがて、貴子はホテルを守るため、ある大きな決断をすることに。

そして、鷲津が日光みやびホテル、そして三葉銀行に近づいた本当の理由も明らかになる!

『ハゲタカ』第一部、いよいよクライマックスへ!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/hagetaka/story/0003/

ドラマ「ハゲタカ」3話感想と4話あらすじ!鷲津には真の目的があった!
ドラマ「ハゲタカ」の3話が放送されました。 日光「みやびホテル」の買収に乗り出した鷲津。 松平貴子はどう受け入れていくのでしょう? 鷲津が三葉銀行やみやびホテルに近づいた本当の理由が明らかになっていきます。 では、3...

 

まとめ

 

ハゲタカ2話も1時間はあっという間で面白かったですね。

綾野剛さん演じる鷲津も少しずつハマってきているような気がします。

今回は、太陽ベッドという大手寝具メーカーの買収劇。

ハゲタカというと、一見弱った企業を見つけ買収し売りさばいていくような悪魔のようなイメージでしたが、どちらかというと企業再生を目指す救世主のようなものでもあるということがわかりました。

いろいろと難しい用語も出てきますが、それも気にならないくらい楽しめるドラマです。

次週鷲津たちは貴子の実家であるみやびホテルを買収することを宣言しています。

いったいどんな展開になるのか?

来週の3話も楽しみですね。

 

 

スポンサードリンク