「グッドドクター」8話あらすじと7話感想!病気が原因で失いかけた恋が…

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「グッドドクター」7話が放送されました。

「グッドドクター」も早いものでもう7話ですね。

今週は、夏美の元患者との絆が描かれました。

高山と美智の破局についても、詳細が描かれそうですし、今週は盛りだくさんですね。

ではさっそく、「グッドドクター」7話感想と8話あらすじをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

「グッドドクター」7話感想!

 

今週は、若い夫婦になろうとしている人のお話でしたね。

手術後に改めてプロポーズされたときの、自然会涙が素晴らしかったです。

それにしても、福田さんはコウノドリ同様に、不幸な役ばかりですね。

ラストで幸せになれたのは、本当に救いでうれしかったです。

来週は、がんの子供の話のようです。

きっと涙の展開になりそうですね。

母親役で酒井若菜さんが登場するようなので注目ですね。

 

 

みんなの感想は?

 

 

 

「グッドドクター」8話あらすじ!

新堂湊(山﨑賢人)は森下伊代(松風理咲)の恋にお付き合い。

伊代は滝川亮平(萩原利久)が好きなのだが恥ずかしくて声をかけることすら出来なかった。

湊には伊代の気持ちがわからない。

病と闘いながらも入院生活を少しでも楽しく過ごそうとする子どもたちがいる一方、深刻な問題に直面する子どももいる。

瀬戸夏美(上野樹里)は患者の早見陽翔(鳥越壮真)と母、香織(酒井若菜)と長男の翔太(池田優斗)を心配していた。

香織は高山誠司(藤木直人)に陽翔を診てもらうため翔太を連れ、夫を残して東京へ来ている。

夏美は香織の看病疲れはもちろんだが、陽翔のために転校した翔太の環境変化も気にかけていた。

夏美と湊が回診に行くと、陽翔が次の日曜日に外出したいと願い出る。

湊が外出には高山の許可が必要だと説明していると、香織が階段から転落して運ばれて来たと連絡が入った。

病室に運ばれた香織は命に別状のあるような怪我はなかったが、陽翔には今日は家の用事で行けなくなったと話して欲しいと夏美たちに頼む。

すると香織に付き添ってきた翔太が部屋を出て行く。

湊は翔太を追いかけ、陽翔の病室に案内しようとする。

だが、翔太は湊の言葉を聞こうともせずに去ってしまった。湊は翔太がなぜドゲトゲしくなっているのか理解出来ない。

その日、湊は帰り道に酔っ払ってクダを巻く男に出くわす。それは間宮啓介(戸次重幸)。

間宮も翔太のようにトゲトゲしいと湊は感じる。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/gooddoctor/story/story_08.html

 

 

まとめ

 

来週は、ガンになってしまった子供とその兄弟というテーマになるようです。

家族の生活が大きく変わってしまったことを、うまく受け止められない兄弟がいたっておかしくないですよね。

猪口から裏切られてしまう間宮と美智という構図も出てきそうですね。

猪口の本当の狙いは何なのか?

来週もどんな展開になっていくのか楽しみですね。