「義母と娘のブルース」8話あらすじと7話感想!うなぎがキレイで愛死照流と非難袋が…

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「義母と娘のブルース」7話が放送されましたね。

前回はみゆきが小学生から高校生へのバトンタッチも完璧でしたね。

亜希子さんもみゆきのために再就職を決意!

「ベーカリー麦田」の店長・麦田章も、なかなか一筋縄ではいかなさそうです。

では、「義母と娘のブルース」7話の感想と8話あらすじをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

「義母と娘のブルース」7話感想!

 

亜希子とみゆきが衝突するも、ますますその絆が強くなり、麦田が亜希子に恋してしまいました。

何から何まで完璧な亜希子。

その亜希子の完璧さはみゆきを愛するがゆえに湧いてくるパワーからなのですが、良一と同じでおっとりしているみゆきにとっては、その点がプレッシャーになっていたようです。

思えば、入院中の良一に変わって、明子がプレゼンを務めることになった際には、良一も亜希子に似たような感情を抱いてましたね。

同じ道を通る親子に、ほほえましい感じですよね。

そして、思いっきりの良さはいいものの、打たれ弱く何事も続かない麦田は、明子にズバッと指摘されて、また亜希子の血が繋がっていない娘に対する諦めないまっすぐな姿勢に心打たれたのでしょうか?

亜希子に恋してしまった麦田の今後の行方も気になる展開になってきましたね。

営業成績はそれほど良くなかったものの、優しく人を和ませる力を持っていた良一。

その良さを父から受け継いでいるみゆきと、亜希子が築く親子関係が本当に良いです。

血が繋がっていない分の努力があるからこそ、家族として成立している2人を見ていると、学ぶことも多いですね。

 

 

みんなの感想は?

 

 

「義母と娘のブルース」8話あらすじ!

 

亜希子 (綾瀬はるか) が考えたプランに従い、麦田 (佐藤健) は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた 「ベーカリー麦田」 だったが、その作戦が仇となってしまい客足が遠のいてしまう。

このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」 を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!

果たして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか !?

一方、店の再建を目指し一生懸命な亜希子の姿を見て、いつしか麦田に心境の変化が…。

引用元:http://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

 

 

まとめ

 

避妊と避難を間違えてしまうみゆきがかわいかったですね。

今週もみゆきと大樹のコンビもよかったです。

大樹は病気でやせたんですね。

麦田の名言「うなじきれいだ」「愛死照流」の文字に爆笑してしまいました。

このドラマの面白いところでもありますよね。

そして残念なことに来週は放送中止で次回9月4日の放送になるようです。

次回の放送が待ち遠しいですね。