【ワールドカップ】ブラジル代表のスタメンや注目選手!試合日程とテレビ放送は?

【ワールドカップ】ブラジル代表のスタメンや注目選手!試合日程とテレビ放送は?

img_8bb6141fccb7de271227cf6cdb8e00a2260473

ロシアワールドカップで、優勝候補筆頭といわれているブラジル代表。

 

前回大会では、自国開催でありながらドイツに1-7という歴史的大敗を喫したこともあり、今大会にかける思いは強いはずです。

 

今回は全くもろさを感じさせない、堅いチームに仕上げてきている印象です。

 

こういうときのブラジルは強いです。

 

予選中に監督が代わり、守備が整備されてもはや敵はいない状態ですね。

 

王国復活へ、目指すは最多6度目の頂点。

 

日本代表も親善試合で戦っていたけど、決して派手ではないけど本当に強さを感じるチームだと思います。

スポンサードリンク

ブラジル代表の試合日程と時間

 

ブラジル代表はグループE

 

6月18日(金) 03:00 VSスイス

6月22日(金) 21:00 VSコスタリカ

6月28日(木) 03:00 VSセルビア

 

グループEはFIFAランキングで、ブラジル2位、スイス6位、コスタリカ25位、セルビア35位となっています。

 

優勝オッズは5倍、スイス101倍、セルビア150倍、コスタリカ300倍です。

 

 

ブラジル代表のテレビ放送は?

 

スイス戦:NHK 6月17日(木)

コスタリカ戦:6月22日(金)

セルビア戦:6月27日(水)

 

 

 

ブラジル代表の出場メンバー

 

ブラジル代表が本選メンバーを発表しています。

 

本来は右サイドバックのスタメンであるアウベスは怪我により選外。

 

マンチェスターシティのダニーロもいるとはいえ、ここのクオリティは少し落ちてしまいそうです。

 

▼GK

アリソン(ローマ/イタリア)

エデルソン(マンチェスター・C/イングランド)

カッシオ(コリンチャンス)

 

▼DF

ダニーロ(マンチェスター・C/イングランド)

ファグネル(コリンチャンス)

マルセロ(レアル・マドリード/スペイン)

フィリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード/スペイン)

チアゴ・シウヴァ(パリ・サンジェルマン/フランス)

マルキーニョス(パリ・サンジェルマン/フランス)

ミランダ(インテル/イタリア)

ペドロ・ジェロメウ(グレミオ)

 

▼MF

カゼミーロ(レアル・マドリード/スペイン)

フェルナンジーニョ(マンチェスター・C/イングランド)

パウリーニョ(バルセロナ/スペイン)

フレッジ(シャフタール/ウクライナ)

レナト・アウグスト(北京国安/中国)

フィリペ・コウチーニョ(バルセロナ/スペイン)

ウィリアン(チェルシー/イングランド)

 

▼FW

ドウグラス・コスタ(ユヴェントス/イタリア)

ネイマール(パリ・サンジェルマン/フランス)

タイソン(シャフタール/ウクライナ)

ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C/イングランド)

ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール/イングランド)

 

 

 

ブラジル代表のスタメンや注目選手!

ブラジル代表の予想フォーメーション

システム:4-3-3

 

GK

アリソン(ローマ)

 

DF

ダニーロ(マンチェスターシティ)

ミランダ(インテル)

マルキーニョス(PSG)

マルセロ(レアルマドリード)

 

MF

カゼミロ(レアルマドリード)

レナト・アウグスト(北京国安)

パウリーニョ(バルセロナ)

 

FW

ネイマール(PSG)

コウチーニョ(バルセロナ)

ガブリエル・ジェズス(マンチェスターシティ)

 

 

 

チームの特徴とスタイル

 

センターバックと中盤3人は、フィジカル・運動量に優れたメンバー構成になっています。

 

特に中盤は、フィジカル代表にはいる選手なので当然技術も高いけど、それ以上に守備の強さ・堅さのある選手を入れている印象です。

 

さらに前線の3人も、ネイマールを含めて守備意識が高く、ボールを奪われたらすぐにプレスをかけにくいのが徹底されています。

 

そんな強固な守備を基盤に、攻撃面では前線の3人と攻撃的な両サイドバックにボールを預け、そこからコンビネーションや個人技で崩していくスタイル。

 

特にネイマールやコウチーニョはドリブル・パス・シュートと何でもこなせるアタッカー。

 

中央のジェズスはネイマールやコウチーニョのためにスペースを空ける動きなどもしつつ、あまり中盤には降りてこず、ゴール前でのフィニッシュに集中する役割になっています。

 

 

ブラジル代表の注目選手!

 

ネイマール

GettyImages-859939718-800x561

前回大会、大敗したドイツ戦はケガで欠場していたネイマール。

 

今回こそ最後までフルで出場し、優勝し大会MVPも狙っているはずです。

 

厳しいマークがつくことは必至ですが、その中でどれくらい活躍をみせてくれるのか。

 

3トップを組むジェズスやコウチーニョとの相性はばっちりだと思います。

 

 

カゼミロ

カゼミロ

今回のブラジルは中盤を堅い選手でまとめている印象だけど、その中でも激しい守備で中盤を引き締めているのがカゼミロ。

 

所属するレアル・マドリードと同じように中盤底・アンカーの位置に入って、危険なところを潰しまくってます。

 

マンチェスターシティのフェルナンジーニョもアンカーとしてバランスのいい選手だけど、これまでの起用を見ても、カゼミロがスタメン出場するでしょうね。

 

 

マルセロ

E38396E383A9E382B8E383ABE4BBA3E8A1A8E38080E3839EE383ABE382BBE383AD

日本代表も親善試合で、キレイなゴールを決められてしまいましたけど、サイドバックとして世界一ともいえる攻撃力を持つ選手。

 

ボールコントロールやキックの技術の高さは、通常ディフェンダーとしてはあり得ないレベル。

 

ブラジルの中でも特に見ていて楽しい選手の一人です。

 

 

ガブリエル・ジェズスとフィルミノ

 

センターフォワードのスタメンにどちらが入るのかは、まだ微妙なところだと思います。

 

これまでの起用でいえばジェズスでしょうが、今シーズンのクラブでの出来でいえばフィルミノかもしれません。

 

リバプールはチャンピオンズリーグで決勝に進出した勢いもありますし、本番ではフィルミノが起用される可能性もあると思います。

 

どちらにしても、2人とも周りを活かしつつ自分でゴールも狙えるタイプ。

 

ネイマール、コウチーニョという圧倒的な個人技を持つ選手と絡みながら、得点ランキングでも上位に入っていくんじゃないでしょうか。

 

 

ブラジル代表の展望は?

 

親善試合でロシア、ドイツ、クロアチアと立て続けに破り、予選に見せた勢い右派続いているでしょう。

E382B8E382A7E382A4E3839EE383BCE383ABE381A8E382B8E382A7E382BAE382B92016E4BA94E8BCAAE38387E383B3E3839EE383BCE382AFE688A6

特にクロアチア戦で復帰したネイマールが豪快なゴールを決めたことも、復帰に向けた好材料です。

 

タレントがそろう攻撃陣に関しては、何の心配もないといってもいいでしょう。

 

監督交代してからは10勝2分無敗で、守備も改善されてきています。

 

攻撃的なサイドバックはそのままに、ミランダ選手を中心に堅守をみせ、GKも欧州のメガクラブが注目するアリソンが選手の台頭。

 

攻守ともに隙のないちーに成長しています。

 

グループステージのライバルはスイス代表だと思いますが、ブラジル代表はかなり抜け出た存在になると思います。

 

1位通過は間違いなく、目指すはワールドカップの頂点。

 

ほとんど不安よそはなく、強国との対戦が待ち遠しいです。

 

 

スポンサードリンク