2018夏ボーナスの平均支給額や支給日は?

2018夏ボーナスの平均支給額や支給日は?

20180510-main

気温が上がり、夏が近づいてくるとそわそわしますね。

 

それは、ボーナスの支給日が近づいてくるからというのもあります。

 

2018年の夏は例年と比べいくらぐらいになるのでしょう?

 

業種によって異なってくると思いますが、2018年は、いつごろ支給なのか?

 

平均支給額なども調べてみました。

 

夏のボーナス支給日は、公務員と民間企業でもちょっと違ってきます。

 

なので、それぞれご紹介していきます。

スポンサードリンク

2018年の夏ボーナス支給日は…

 

  • 公務員:6月30日
  • 民間企業:7月初旬(が多い)

 

夏ボーナスの支給日は、公務員の方が少し早いようです。

 

これにはちゃんといた理由があるのです。

 

 

公務員のボーナス支給日

10430005219

国家公務員のボーナス支給日は、法律で定められています。

 

なので2018年に限らず、毎年6月30日にボーナスが支給されます。

 

はっきり決まっているというのは、色々な計画が立てやすくていいですよね。

 

 

民間企業のボーナス支給日

 

民間企業では7月初旬と書きましたが、実はその企業によって支給日にかなりバラつきがあります。

 

その中でも、多いのが7月初旬ごろです。

 

10日ごろや金曜日が多くなっているようですね。

 

公務員はビシッと6月30日とい待っているのに対して、民間企業だと支給日にかなりバラつきがあるというのが実情です。

 

支給日が6月15日だという会社があったり、会社自体の給料支給体制の関係で7月20日ごろと遅めになっているところもあるようです。

 

締日と給料の支給日が近い会社にお務めの場合は、ボーナスの支給日が遅めになってしまうところが多いようですね。

 

このように、支給日自体わかったら、次に気になるのが夏ボーナスの支給額ですよね。

 

というわけで、サクッと調べてみました。

 

 

夏ボーナスの平均支給額は?

 

民間企業だと、夏のボーナスは基本給の1~1.5ヶ月分、多くて2ヶ月というのが相場のようです。

 

大企業になってくると、夏冬合わせて6か月分を超えてくるところもあるようです。

 

中小企業だとボーナス無しのところが全体の4割前後のようなので、下がったとしてもボーナスが出るだけありがたいですよね。

 

毎年恒例ですが、国家公務員のボーナス平均額からその年のボーナスを予想することができます。

 

では、基準となる国家公務員のボーナスを見ていきましょう。

 

内閣人事局の発表によると、2018年夏のボーナス平均額は

65万5735円

という数字が出ました。

 

前年の2017年夏が64万1926円だったので、2.1%ほど増えたことになります。

 

月数にすると約2.2ヶ月分ですね。

 

増加していることを考えたらうれしい数字なのではないでしょうか。

 

つまり、景気は回復していて、民間企業でもボーナスは増える見通しとなっています。

 

もちろん、各企業の業績にもよると思いますので、すべての国民が上がるとおいうわけではありません。

 

傾向としてぼーなうが増えているということだけ理解していただけたらと思います。

 

この数字はあくまで目安となる国家公務員の数字なので、民間企業の場合は少し変わってきます。

 

大企業はもちろんボーナスがたくさん出ますし、中小企業であればそこそこの数字です。

 

平均するとだいたい1~2ヶ月という傾向は昨年と変わらないようです。

 

ただ、2018年1月には安倍首相が“賃上げ要請”をしましたよね。

 

ザックリいうと、”民間企業はもっと給料を払ってください”という意味です。

 

実に3%という賃上げになる見通しなので、民間企業のボーナスもそれに合わせて増加する傾向にあると思います。

 

 

業種別のボーナスはいくらぐらい?

 

国家公務員を基準にした国民全体のボーナスの話をしてきました。

afa25c96

ここからは業種別んおボーナスについて見ていきましょう。

 

仲でも人気のある教員、看護師、公務員の3業種について確認していきます。

 

 

教員

 

教員のボーナス支給日は6月30日に設定されています。

 

2018年は土曜日になるので、支給日はその前日の6月29日になります。

 

そして、気になるボーナスの金額なんですが、公立の学校の場合、約81万円となっています。

 

2018年の傾向からすると、約2%が上乗せされた数字がこの数字になります。

 

小学校教員の平均給与が37万円、高校教員の平均給与が44万円ということに加え、夏のボーナスが約2カ月分というのも変わらないようです。

 

教員は初任給から20万円ももらえますし、公務員よりは高水準になるのは妥当ですよね。

 

若いうちから比較的高額なボーナスがもらえますし、平均をだいぶ押し上げているようですね。

 

 

看護師

 

高級取んお代名詞でもある看護師についてです。

 

看護師の夏ボーナス平均金額ですが、53万8363円となります。

 

意外と公務員よりも低いようですね。

 

というのも、公務員の場合は年齢が上がることにより昇給金額が多いからです。

 

看護師の場合、教員と同じで若いうちから比較的高額なボーナスをもらえます。

 

ですが、給料の伸び率で見ると、意外と緩やかだということです。

 

キャリアが長くなるについて、公務員に追い抜かれてしまうのです。

 

 

公務員

 

公務員の夏ボーナスについては触れたのですが、65万5735円です。

 

ただ、公務員の場合は若い世代の給料が低いため、周りの人はそんなにもらっているように思えないのです。

 

やはり40代、50代となってくると給料も民間企業より増えてきますし、平均をだいぶ引っ張り上げている印象があります。

 

契機によって多少の変動はありますが、ボーナスの額は安定しています。

 

そこが民間企業と違って強い点ですね。

 

 

新卒社員にはボーナスなし?

 

会社員であれば浮かれる時期なんですが、新卒で会社に入ったばかりの方からするとありがたみがよくわからないですよね。

 

入社して最初の夏に訪れるボーナスというイベント。

 

ですが新卒は、ボーナスなしのところが多いのです。

 

ボーナスなしだからといって、会社の経営が苦しいというわけではないのです。

 

そもそもボーナスは、自分が働いたことに対する見返りとして企業から受け取るものです。

 

ボーナス査定の対象となる期間が

  • 夏:2017年9月~2018年3月
  • 冬:2018年4月~2018年9月

 

つまり、新卒の社員にとっての夏ボーナスはなくて当然なんです。

 

自分がいなかった期間の評価ですからね。

 

考えてみると当たり前です。

 

その一方で、新卒にも夏ボーナスを支給する企業もあります。

 

金額は5万円とか10万円とか大した額ではないのですが、もらえるだけありがたいことですよね。

 

なので、新卒でボーナスをもらったときは少ないんだなんて文句をいってはいけませんね。

 

 

まとめ

 

気温が上がってくると夏のボーナスが近づき、なんだかそわそわしてきますね。

 

今回は、2018年夏のボーナス平均はいくらくらいなのか、業種別として教員・看護師・公務員のボーナスはいくらなのか、新卒のボーナスなしの理由といった話題について見てきました。

 

働いている以上、ボーナスをいくらもらえるのかは非常に気になるところですよね。

 

2018年夏は調子が良さそうですし、新卒でボーナスがもらえなくても、めげずに頑張りましょう。

 

 

スポンサードリンク