【ワールドカップ】アルゼンチン代表のスタメンと注目選手は?日程とテレビ放送は?

【ワールドカップ】アルゼンチン代表のスタメンと注目選手は?日程とテレビ放送は?

a7b237d9-ac7c-6964-dd21-125879e43c5f

前回大会は決勝まで進み、おしくも延長戦でドイツに敗れ準優勝に終わってしまったアルゼンチン代表。

 

決して見ていて面白いサッカーをするわけではないのですが、守備面での堅さがあるいいチームだと思います。

 

ただ今回は、最近の試合を見ていると守備がもろくなっている印象があります。

 

メッシが出場する最後の大会になる可能性も高そうだけどなかなか厳しい戦いになるかもしれません。

 

ロシアワールドカップに出場するアルゼンチン代表のスタメンや注目選手をまとめてみました。

スポンサードリンク

アルゼンチン代表の試合日程と時間

 

アルゼンチン代表はグループD

 

6月16日(土) 22:00 VSアイスランド

6月22日(金) 03:00 VSクロアチア

6月27日(水) 03:00 VSナイジェリア

 

グループDはFIFAランキングでは、アルゼンチン5位、クロアチア18位、アイスランド22位、ナイジェリア47位となっています。

 

優勝オッズはアルゼンチン10倍、クロアチア29位、ナイジェリア151倍、アイスランド251倍になってます。

 

 

テレビ放送時間

 

アイスランド戦:NHK 6月16日(土)

クロアチア戦:日本テレビ 6月21日(木)

ナイジェリア戦:NHK 6月26日(火)

 

 

 

アルゼンチン出場メンバー

 

アルゼンチンの本選メンバーが発表されました。

 

セリエA得点王のイカルディが外れるという前線の層の厚さは相変わらず凄いですよね。

 

▼GK

ナウエル・グスマン(ティグレス/メキシコ)

ウィリー・カバジェロ(チェルシー/イングランド)

フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)

 

▼DF

ガブリエル・メルカド(セビージャ/スペイン)

クリスティアン・アンサルディ(トリノ/イタリア)

ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C/イングランド)

フェデリコ・ファシオ(ローマ/イタリア)

マルコス・ロホ(マンチェスター・U/イングランド)

ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス/オランダ)

マルコス・アクーニャ(スポルティング/ポルトガル)

 

▼MF

ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏/中国)

エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ/ポルトガル)

ルーカス・ビリア(ミラン/イタリア)

ジオヴァニ・ロ・チェルソ(パリ・サンジェルマン/フランス)

エベル・バネガ(セビージャ/スペイン)

マヌエル・ランシーニ(ウェストハム/イングランド)

マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)

アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/フランス)

クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)

 

▼FW

リオネル・メッシ(バルセロナ/スペイン)

パウロ・ディバラ(ユヴェントス/イタリア)

ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス/イタリア)

セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C/イングランド)

 

 

 

アルゼンチン代表のスタメンやフォーメーション

アルゼンチン代表フォーメーション

システム:3-6-1(3-3-3-1)

 

GK

ロメロ(マンチェスターユナイテッド)

DF

オタメンディ(マンチェスターシティ)

マスチェラーノ(河北華夏幸福)

メルカド(セビージャ)

 

MF

バネガ(セビージャ)

ルーカス・ビグリア(ミラン)

ロ・チェルソ(PSG)

ディマリア(PSG)

サルビオ(ベンフィカ)

メッシ(バルセロナ)

 

FW

アグエロ(マンチェスターシティ)

 

 

本来はディバラも組み込みたいはずだけど、メッシにかなり近いタイプのせいか共存はなかなかうまくいかないみたいです。

 

相変わらずアタッカーにワールドクラスの選手が多いのでちょっともったいない気はしますが、今のところこれが最適なのかもしれません。

 

負けているときには、ディバラ、イグアイン、イカルディなどの抗体カードも使ってくるでしょうね。

 

 

チームの特徴とスタイル

 

守備面では対人に強いディフェンダーが揃っているものの、チーム全体でのディフェンスがあまり組織化されていないのか、ちょっと崩されると弱さを見せてしまう印象があります。

 

それが表に現れてしまったときに大敗した親善試合のスペイン戦だったと思いまう。

 

特にスペインのようなテクニカルな攻撃の仕掛けには弱いのかな。

 

攻撃では、サイドのディ・マリアとサルビアが幅を作て、中央のメッシに自由なスペースを作る動きをすることが必要です。

 

いい選手はそろっているのですが、なんだかんだ結局メッシがいかにいい形でボールに触れれるかがアルゼンチンのキーポイントになってきますね。

 

 

アルゼンチン代表の注目選手

 

メッシ

GettyImages-843097170-800x569

大会中に31歳を迎えるメッシ。

 

もしかしたらメッシなら次回大会も出場しているかもしれませんが、バリバリにやれている状況で挑むワールドカップはこれが最後になるかもしれません。

 

ただ、優勝するなら決勝まで進んだ前回がまだ可能性があった気もします。

 

今回のアルゼンチン代表はちょっと厳しいかもしれませんね。

 

とはいえ、一人ですべて逆転させることもできるレベルにあるのがメッシなので、代表の試合では消えがちですが、やっぱり注目ですね。

 

 

ディ・マリア

4163_ext_04_0

本来攻撃的な選手なんですが、守備においてもハードワークでき、サイドを上下に走るウイングバック的な役割にも対応できるのは大きいと思います。

 

ネイマールやムバッペが加入したPSGでは出番が減ってしまっていますが、今だ攻守にプレーの質は高いと思います。

 

オタメンディ

columnsv2_63881

マンチェスターシティでのプレーを見ていると、グアルディオラの影響なのか、ビルドアップやフィードなど攻撃面でのプレーが上手くなっていると思います。

 

もともと対人能力の高さには定評がありますが、攻撃面でも貢献できるのは大きいです。

 

 

アルゼンチン代表の展望は?

 

アルゼンチン代表の焦点は、いかにメッシ選手を輝かせるか。

ダウンロード

その1点に絞られてくると思います。

 

メッシ選手がその力を存分に発揮すれば、もはや相手は関係なく、アルゼンチン代表を栄光に導いてくれるでしょう。

 

しかし、それが難しいのが今のアルゼンチン代表の現状で、チームスポーツであるサッカーの難しさです。

 

アルゼンチン代表の入ったグループDは難敵揃い。

 

アイスランド代表は初出場で目立った選手はいませんが、チームとしてはよくまとまっています。

 

レアル・マドリードの司令塔ルカ・モドリッチを要するクロアチア代表は、ラキティッチやマンジュキッチなどクオリティの高い選手がそろっています。

 

ナイジェリア代表もアフリカらしいポテンシャルを秘めた存在。

 

もちろんアルゼンチン代表はグループステージで抜け出ている存在ですが、苦しんだ予選同様、すんなりとはいきそうにないですね。

 

しかし、それもメッシ次第。

 

メッシが違いを作れば、あっさりと突破を決める可能性は十分です。

 

前線のタレントはそろっているので、守備を固めてメッシにボールを集めることができればベスト8は難しくないと思います。

 

いずれにしろアルゼンチン代表は、メッシを見ているだけでも価値がありそうですね。

 

 

スポンサードリンク