赤ら顔の原因は毛細血管拡張症だった!

目安時間:約 5分

 

顔の広範囲、あるいは頬や鼻などの目立つところが

赤くなった状態を「赤ら顔」と呼びます。

 

「赤ら顔を含む」「顔の赤み」の症状が

起こる原因にはどういったものがあるのでしょう?

 

その原因には5つあるのですが

その原因を見ていきましょう。


スポンサードリンク

赤ら顔の原因は毛細血管拡張症?

 

赤ら顔の原因には主に5つあげられます。

 

 

皮膚の薄さ

 

気温による毛細血管の拡張
ニキビによる炎症

皮脂による炎症(脂漏性皮膚)

アルコールや香辛料などの過剰摂取

があげられます。

 

それぞれの原因について解説しましょう。

 

 

皮膚の薄さ

 

透けて見える毛細血管

皮膚の二層目にあたる真皮には

毛細血管が密集しています。

 

毛細血管は通常、皮膚の表面からは見えませんが

皮膚最上部の表皮が薄いと透けて見えるため

赤く見えてしまうのです。

 

特に鼻や頬の皮膚は薄いので、赤くなりやすいです。

 

気温や体質などによる毛細血管の拡張は

皮膚の毛細血管が、外気温に合わせて

血管を拡張・伸縮させることで温度を一定に

保っています。

 

暑い地方では寒暖差が激しくないので

毛細血管の拡張・伸縮も激しくありませんが

寒い地方では室内外の温度差が激しいので

毛細血管の拡張・伸縮が頻繁に起こります。

 

拡張と伸縮を繰り返すうちに毛細血管の収縮力が低下し

皮膚の温度差を下げないように拡張していた毛細血管は


スポンサードリンク

拡張したままとなります。

 

これが、実際の差により顔が赤くなる原因なんです。

また、生まれつき毛細血管が多かったり

体質として拡張している人もいます。

 

 

ニキビによる炎症

 

炎症をともなうニキビ(赤ニキビ)ができると

ニキビのある周辺の皮膚が赤くなります。

 

炎症は血管を拡張させてしまうためです。

 

通常はニキビが治れば炎症も治まり

赤みも消えます。

 

しかし、ニキビが治らないうちにさらに新しい

ニキビができると、またニキビの炎症が起こり

皮膚の炎症が収まらない状態が続いてしまいます。

 

その状態が続くと真皮や皮下組織に色素沈着してしまい

赤ら顔になってしまいます。

 

また、肌質によってニキビが治まっても

長期的に赤みが続くことがあります。

 

 

皮脂による炎症

 

皮脂の分泌が過剰になると、肌の上に余分な

皮脂が溜まり、空気に触れて参加しやすい状態に

なってしまいます。

 

その酸化した皮脂の常在菌が反応を起こすと

炎症が起きて赤くなってしまいます。

 

多くは、鼻や鼻の脇など、皮脂の分泌が

多いところに起こります。

 

ニキビをともなうこともあり

そうなるとさらい赤みが増してしまいます。

 

 

アルコールや香辛料、薬などの過剰摂取

 

血管、特に毛細血管を広げる作用のある

アルコールや刺激の強い香辛料などを取りすぎると

血流が滞り、血液が溜まりやすくなります。

 

また、アトピー性皮膚炎のステロイド外用薬など

服用している薬の副作用で血流が滞り

赤みが出ることもあります。

 

これらの原因の他にも、生まれつきのものや

加齢が原因となるものもあります。

 

正しいケアや治療を行うためにも、

まずは自分の赤ら顔はこちらのどれに当たるか

原因を探すことから始めてみましょう。

 


スポンサードリンク

カテゴリ:雑学 

スポンサードリンク
最近の投稿
人気記事ランキング

ページの先頭へ