「陸王」のキャストやあらすじ!見どころは?「下町ロケット」を超える?

目安時間:約 13分

陸王

2017年10月からTBS日曜夜9時枠で放送されるドラマ「陸王」。

 

「半沢直樹」や「下町ロケット」という人気作品を次々生み出している池井戸潤さんが手掛けた「陸王」の実写ドラマ化。

 

「陸王」の原作は2016年7月8日に炭鉱感化されたばかりの新作で、単行本が発売されてから1年余りで映像化が実現しました。

 

異例の事態ということでも話題となっている「陸王」。

 

そんな「陸王」について調査してみましょう。


スポンサードリンク

「陸王」の原作や脚本は?

 

TBS :2017年10月(日)21:00~

原作 :池井戸潤「陸王」

脚本 :八津弘幸(ドラマ「小さな巨人」「下町ロケット」「半沢直樹」)

演出 :福沢勝雄(ドラマ「小さな巨人」「下町ロケット」「半沢直樹」)

制作著作 :TBS

 

スタッフ韻の顔ぶれからもわかるように、池井戸潤さんの作品「半沢直樹」や「下町ロケット」という人気作の実写ドラマ化に成功した面々が「陸王」のスタッフに加わっています。

 

「陸王」の脚本を担当する八津弘幸さんは池井戸潤さん関連の作品以外にも「流星ワゴン」や「家政夫のミタゾノ」という人気ドラマを手掛けた経験があります。

 

また、東野圭吾さんが原作を手掛け、櫻井翔さん・広瀬すずさん・福士蒼汰さんの共演を実現させた映画「ラプラスの魔女」や漫画「ハンマーセッション!」の脚本を担当し、マルチに活躍しています。

 

 

「陸王」のキャスト

 

役所広司 :宮沢紘一役

キャプチャ

宮沢紘一 :埼玉県行田市、創業100年の足袋を製造する老舗会社「こはぜ屋」の社長。

 

行政の低迷に悩んでいたが、ある日「裸足」の感覚で走れる「ランニングシューズ」の開発を思いつき、プロジェクトチームを立ち上げる。

 

 

山崎賢人 :宮沢大地役

山崎賢人

宮沢大地 :浩一の息子。

 

就職活動中。

 

 

竹内涼真 :茂木裕人役

竹内涼真

茂木裕人 :「ダイワ食品」新人陸上部員。

 

箱根駅伝で注目され入社した期待の新人だったが、膝を痛めてしまう。

 

フォームの改良に挑むなか「こはぜ屋」のランニングシューズ「陸王」と出会う。

 

 

寺尾聰 :飯山晴之役

寺尾聰

飯山晴之 :「飯山産業」元社長。

 

飯山産業は「陸王」に欠かせない素材「シルクレイ」を作っていて、「陸王」の開発に協力する。

 

 

キムラ緑子 :飯山素子役

キムラ緑子

飯山素子 :飯山の妻。

 

飯山を献身的に支える。

 

 

音尾琢真 :城戸明宏役

音尾

城戸明宏 :「ダイワ食品」陸上競技部の監督。

 

 

志賀廣太郎 :富島玄三役

志賀廣太郎

富島玄三 :「こはぜ屋」の経理担当常務。

 

 

光石研 :有村融役

光石研

有村融 :スポーツ用品店オーナー。

 

 

風間俊介 :坂本太郎役

風間俊介

坂本太郎 :埼玉中央銀行の行員。

 

融資担当で、「こはぜ屋」の新規事業の提案をする。

 

 

馬場徹 :大橋浩役

馬場徹

大橋浩 :埼玉中央銀行の融資課長。

 

はじめは「こはぜ屋」の新規事業に懐疑的で宮沢や坂本と対立するが、徐々に「こはぜ屋」の「陸王」開発へのひたむきな姿勢に共感しはじめる。

 

 

桂雀々 :家長亨役

桂雀々

家長亨 :埼玉中央銀行行田支店長。

 

銀行の支店長であることを鼻にかけ、零細企業を小ばかにしている。

 

「こはぜ屋」の新規事業に情熱を傾ける坂元とはそりが合わず、卑怯な手を使うことも…。

 

 

阿川佐和子 :正岡あけみ役

阿川佐和子

正岡あけみ :「こはぜ屋」の縫製課リーダー。

 

平均年齢60歳のこはぜ屋の縫製課を束ねる元気なおばちゃん。

 

ムードメーカーで、長年培ってきた縫製技術はピカイチ。

 

新規事業である「陸王」のメンバーとして参加。

 

 

檀ふみ :宮沢美枝子役

檀ふみ

宮沢美枝子 :宮沢の妻。

 

夫の仕事を支え、息子の大地の就職活動を応援する良き妻であり、良き母。

 

 

ピエール瀧 :小原賢治役

ピエール瀧


スポンサードリンク

小原賢治 :「こはぜ屋」のライバルである大手スポーツメーカー「アトランティス」の営業部長。

 

一流大学卒業後、アメリカの有名大学で経営修士号を取得という輝かしい経歴をもつ「アトランティス日本支社」の営業部長。

 

利益至上主義で、まるで悪代官のような性悪。

 

 

小藪千豊 :佐山淳司役

小藪

佐山淳司 :「アトランティス」に勤める小原の部下。

 

小原にゴマすりをしながら生き延びている。

 

 

内村遥 :安田利光役

内村遥

安田利光 :「こはぜ屋」の係長。

 

面倒見がいい若手社員のまとめ役。

 

 

市川右團次 :村野尊彦役

市川

村野尊彦 :カリスマシューフッターと呼ばれるシューズ調整のプロ。

 

「アトランティス」の営業部に所属して選手のサポートに務める。

 

高い技術力に加え、選手からの信頼も厚い人物。

 

 

正司照枝 :西井冨久子役

庄司

西井冨久子 :「こはぜ屋」縫製課の最年長かつベテラン縫製員。

 

足袋のデザインも担当。

 

 

上村依子 :橋井美子

上村

橋井美子 :「こはぜ屋」縫製課のスタッフ。

 

 

春やすこ :水原米子役

春やすこ

水原米子 :「こはぜ屋」縫製課のナンバー2.

 

縫製技術にたけていて、「陸王」プロジェクトに参加する。

 

 

吉谷彩子 :仲下美咲役

吉谷彩子

仲下美咲 :「こはぜ屋」縫製課の最年少スタッフ。

 

高校卒業後「こはぜ屋」に就職。

 

ミシンの使い方も社会人としてのマナーもすべて「こはぜ屋」から学ぶ。

 

真面目で気遣いのできる性格。

 

 

上白石萌音 :宮沢茜役

上白石萌音

宮沢茜 :宮沢の娘、家族思いの女子高生。

 

父の作るたびが大好きで、父と兄の潤滑油のような存在。

 

 

和田正人 :平瀬孝夫役

和田正人

平瀬孝夫 :実業団「ダイワ食品」陸上競技部の部員。

 

 

佐野岳 :毛塚直之役

佐野岳

毛塚直之 :「アジア工業」陸上競技部部員。

 

茂木のライバル。

 

 

「陸王」のあらすじ

 

宮沢紘一は、埼玉県行田市にある老舗足袋業者の四代目社長として日々奮闘していたが、年々先細る足袋の需要から、資金繰りに悩む月日を過ごしていた。

 

そんな折、銀行担当者とのやり取りを通じて、新規事業への参入を考え始める。

 

それは、会社を今より大きくしたいという気持ちより、新規事業がなくては、この先会社の存続自体が危ぶまれるという危機感から始まったものだった。

 

そしてその事業とは、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる、「裸足感覚」を追求したランニングシューズの開発だ。

 

しかし従業員20名余りの地方零細企業にとって、それは苦難の道のりだった。

 

新製品を開発するにはあまりに乏しい資金、人材、開発力―。

 

更には世界的に有名なスポーツブランドとの競争。

 

何度も挫けそうになる宮沢だが、その度に家族が、従業員が、取引先が、銀行の担当者が、そして知り合いを通じた新たな人脈が彼を救う。
果たしてランニングシューズの開発は成功するのか。

 

そしてその先に、「こはぜ屋」の未来はあるのか!?

 

たった一つの商品を愚直につくり続けてきた製造業者が、仲間との強い結びつきをバネに今、一世一代の大勝負に打って出る!!

 

 

「陸王」の見どころ

 

零細企業が生き残りをかけて戦うというのは、「下町ロケット」が思い浮かびますよね。

 

この「こはぜ屋」は、モデルとなった会社があります。

 

それが、埼玉県行田市にある「きぬや足袋株式会社」。

 

創業が1929年という老舗です。

 

現在の従業員が26人という、決して大きな会社ではありませんが、1964年にゴム底足袋の製造を開始。

 

1970年にセミオーダー足袋の製造を開始し、2006年には「足袋の館」を開館しています。

 

そして、2013年に発売されたのが「ランニング足袋きねや無敵」です。

 

この商品の開発には、大変な苦労があり、その開発物語が濃密な人間ドラマとともに描かれることになります。

 

ドラマ化にあたり、原作のイメージを維持したまま臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市などでロケハン。

 

肝心なシューズに関しても、原作中に登場する走り方を研究したり、ランニングシューズについて細かな点まで取材して準備を進めてきたようです。

 

また、ドラマでニューイヤー駅伝を取り上げるため、今年の1月1日に撮影が行われました。

 

役所広司さんがTBSドラマに出演するのは、1997年7月クールの「オトナの男」以来20年っぶり。

 

こちらも日曜劇場のドラマでした。

 

竹内涼真さんがランナーでキーパーソンになっています。

 

もともとサッカー少年で、東京ヴェルディユースに所属していて、プロを目指していたことのある竹内涼真さん。

 

厳しいオーディションを勝ち抜いて、ランナー茂木役を獲得しました。

 

竹内涼真さんの走る姿も楽しみですね。

 

「半沢直樹」や「下町ロケット」にドハマりした方にとっては、間違いなくヒットする作品になりそうで楽しみですね。


スポンサードリンク

カテゴリ:ドラマ 

ページの先頭へ