梅沢冨美男を木の実ナナが浮気でスキャンダルに!嫁とは離婚?

目安時間:約 6分

20170331-OHT1I50133-T

梅沢冨美男さんと木の実ナナさんの浮気がテレビ番組で取り上げられます。

 

浮気相手となった木の実ナナさんとは、実に30年間もスキャンダルを重ねていて、嫁とは離婚の危機も囁かれています。

 

梅沢冨美男さんと木の実ナナさんの浮気について調査してみましょう。


スポンサードリンク

梅沢冨美男とは?

 

梅沢冨美男さんは大衆演劇の星といわれた伝説の役者・梅沢清と、歌舞伎出身の竹沢龍千代との間に生まれたサラブレッドです。

 

そんな父は「梅沢劇団」という一座を創設して、兄の梅沢武生がそれを引き継いだそうです。

 

梅沢富雄さんが中学生になったころに、男役を演じるなどして、一座の舞台に立ち星人を超えてからは女形に転身。

 

1982年には歌手として、神曲といわれている「夢芝居」を歌って大ヒット。

 

メジャーに躍り出て、バラエティー番組やドラマなどにも登場し、現在も芸能界で重鎮としての地位を確立しています。

 

梅沢冨美男さんは舞台だけの興行だけで1億円は稼いでいるといわれています。

 

それに加え、テレビや歌手業などもこなしていることから、その年収は数億円を稼いでいるようです。

 

 

梅沢冨美男と木の実ナナが浮気?

 

梅沢冨美男さんと木の実ナナさんの浮気が囁かれ出したのは、1982年のテレビドラマでの共演でした。

 

6a8ed11543bc5f3a933fad4577a14e0f

TBS系列のドラマ「淋しいのはお前だけじゃない」は、1982年6月から13回放送された人気ドラマであり、2011年には舞台化されました。

 

梅沢冨美男さんは旅役者・竹村市太郎に扮し、木の実ナナさんはヒロインの由良常子役に扮したのですが、ドラマ内で駆け落ちをするという設定でした。

 

この共演がキッカケとなり木の実ナナさんと浮気が始まったといわれています。

 

それは非常に長い期間にわたるものになったようです。

 

梅沢冨美男と木の実ナナのスキャンダルはもみ消されていた


スポンサードリンク

梅沢冨美男さんがメジャーになった1980年代は、現在よりも芸能記者によるスキャンダル報道合戦が行われていました。

 

中でもすでに亡くなった梨本勝さんを筆頭に、芸能記者の過激な取材が問題視されていました。

 

そんなとき、梅沢冨美男さんの浮気の証拠となる音声テープを入手した芸能記者がいたようです。

 

梅沢冨美男さんとの力関係などを理由に委縮してしまったようで、梨本勝さんにそのネタとテープを持ち込んだようです。

 

ところが、梨本勝さんにネタとテープを持ち込んだ記者に対して、梅沢冨美男さんの自称・マネージャーと自分から取材中止を要求するクレームの電話があったとか。

 

さらに、梨本勝さんら編集部は、梅沢冨美男さんの浮気スキャンダルに関して取材をしたようですが、ネタを持ち込んだ当の芸能記者が、渡した浮気の証拠となるテープを編集部から盗み出したという。

 

よっぽど、梅沢冨美男さんのプレッシャーがきつかったのでしょうね。

 

こんなエピソードが梅沢冨美男さんときのみななさんお浮気関係の背後にはあったようです。

 

厳密にいえば、テープを盗んだ芸能記者が、結局スキャンダルを起こしたということなんでしょう。

 

 

梅沢冨美男は嫁と離婚?

 

梅沢冨美男さんは他にも数々の女性と浮気をしていたようです。

 

まさに歌った「夢芝居」をリアルでもやっているような自由奔放ぶりが武勇伝となって語り継がれているようです。

 

そんな治らない浮気癖が原因で、始めんお嫁とは離婚しているようです。

 

ゴルフに行くと嫁をうまく丸め込んでおきながら、青山の浮気相手のもとに行っていたリ。

 

別の話では、沖縄旅行を浮気相手と楽しんでいた時に、たまたま台風が直撃した際、現地の報道が梅沢冨美男さんと浮気相手を台風の取材映像に映り込んでしまったのだとか。

 

そのニュースを見た嫁が、梅沢冨美男さんの浮気を知ったとか、その浮気スキャンダルには枚挙にいとまがない。

 

そんな梅沢冨美男さんは、以前にバラエティー番組に親子で出演しています。

 

現在の嫁と子供とで仲睦まじい親子ぶりをアピールしていて、どうも再婚した嫁とはいい関係を築いている様子です。

 

ちなみに梅沢冨美男さんは娘の友達を知らずにナンパしたことがあるのだとか。

 

梅沢冨美男さんと木の実ナナさんとの浮気関係は、非常に長く続いていたようで、おそらくは嫁も公認の仲だったのでしょうね。

 

演劇の世界では大御所であり、稼いでいる収入も桁違いの梅沢冨美男さん。

 

スキャンダルまみれの過去であったとしても、彼だから仕方がないよう泣きもしますね。


スポンサードリンク

カテゴリ:俳優 

ページの先頭へ