桑田裕宣は両親は桑田佳祐と同じ青山学院大学?反対されたがバンドデビュー?

目安時間:約 8分

hqdefault

インディーズバンドなどで音楽活動をしている桑田裕宣さん。

 

サザンオールスターズの桑田佳祐さんと原由子さんの長男としても知られています。

 

両親が日本の音楽業界をけんいんするトップアーティストという環境に育ったため、子供時代から様々な音楽に親しんでいたのでしょうね。

 

そんな桑田裕宣さんについて調査してみましょう。


スポンサードリンク

桑田裕宣も青山学院大学出身?

 

桑田裕宣さんは桑田佳祐さんと原由子さんと同じ、青山学院大学出身のようです。

 

桑田裕宣さんは、青山学院中学・高校から青山学院大学へ進学し、バンド「REAL AROUD」を結成しました。

 

yjimage-1-12

メジャーデビューを果たし、アルバムをリリースするなど、ボーカリストとして、両親と同じ音楽の道を歩んでいます。

 

桑田佳祐さんと原由子さん夫婦の長男である桑田裕宣さんの歌声は、母親の原由子さんに似ているようです。

 

しゃがれた声質と独特な節回しを駆使する桑田佳祐さんに対し、原由子さんの歌声は住んでいてのびやかといえますが、息子の桑田裕宣さんは、どちらかというと甘い声質の持ち主なんだそうです。

 

とはいえ、前は前へと押し出すような発生の仕方は、桑田佳祐さんとも似ています。

 

桑田佳祐さんは、高校時代に、前川清さんやボブ・ディランさんに憧れて、ウォッカでうがいして声を壊れさせていました。

 

声帯を痛めてしまうためにほどなくして辞めてしまいましたが、この影響で現在の桑田佳祐さんの歌声が完成されたとすれば、桑田佳祐さんももともとは、桑田裕宣さんに似ているのかもしれませんね。

 

有名人の両親を持つ人の宿命なのか、桑田裕宣さんの弟・桑田洋輔さんにも注目が集まっています。

 

桑田裕宣さんの2歳年下で、青山学院中学校へ入学後、エスカレーター式に、青山学院高等部、青山学院大学と進学しました。

 

兄の桑田裕宣さんは、インディーズながらも音楽活動をしているため、メディアでも取り上げられることがありますが、弟の桑田洋輔さんは一般人であるようです。

 

そのため今のところ姿を見ることはできません。

 

 

桑田裕宣のバンドデビューに桑田佳祐が反対していた!

 

桑田裕宣さんは、1986年2月10日に桑田佳祐さんと原由子さん夫婦の長男として生まれました。

 

この時期、産休に入った原由子さんは、1978年のデビュー当初からJ-POP界をけん引してきたサザンオールスターズの活動を休止するなど、育児中心の生活に切り替えました。

 

ともに音楽家である両親の影響を受けて育った桑田裕宣さんは自然と同じ音楽の道を志すことになりました。

 

しかし、父親である桑田佳祐さんは「親の七光りで食べていけるほど、音楽業界は甘くない」と、厳しい音楽業界を知るからこそ大反対したそうです。


スポンサードリンク

 

そのため、デビュー-のOKをもらえなかった桑田裕宣さんは、このまま趣味でバンド活動を続け、一生ニートでも良いと考えた時期もあるのだとか。

 

そんな桑田裕宣さんに、転機が訪れ、2010年7月に父親の桑田佳祐さんが食道がんが発覚していしまいます。

 

父親が病気と闘う姿を見た桑田裕宣さんは、音楽で食べていくと決意したようです。

 

その様子に桑田佳祐さんも胸を熱くし、桑田裕宣さんのバンドデビューを全面的にバックアップするようになったようです。

 

 

桑田裕宣のバンドは3年で解散!

 

桑田裕宣さんが大学時代に結成し、メジャーデビューすることになったバンド「READ ALOUD」。

 

桑田裕宣さんはボーカルを務めていました。

 

2012年の秋に、1stミニアルバム「A」をリリースした「READ ALOUD」は、桑田裕宣さんの甘くも力強いボーカルと、他国的なリズムがちりばめられたサウンドが高評価を受け、全国ツアーをするほどになります。

 

渋谷Star Loungeで行われた初のワンマンライブはソールドアウトになるほどで、デビューしたばかりのバンドとしては順調な滑り出しを見せました。

 

しかし、流れに乗っているかのように見えた@READ ALOUD」ですが、2015年10月9日で解散することが明らかになりました。

 

活動期間はわずか3年というあっけない幕切れでした。

 

「READ ALOUD」の公式サイトに掲載されているメンバーのコメントを見ると、求める音楽性の違いによる解散だと伺えます。

 

桑田裕宣さん音楽的な才能に期待する声が多かっただけに、ファンは「あまりにも寂しい」と嘆いているようです。

 

 

桑田裕宣の転機となったのは桑田佳祐の食道がん!

 

桑田裕宣さんの父親である桑田佳祐さんが、2017年8月23日に、ニューアルバム「がらくた」をリリースしました。

 

桑田佳祐さんがオリジナルのソロアルバムとしては、6年ぶりの発表となります。

 

これまでは、桑田佳祐さんのソロアルバムはすべての工程に桑田佳祐さん自身が関わり制作されていますが、食道がんという大病をしてからは、仕事のスタイルも激変したようです。

 

原由子さん管理のもと、アレンジャーやエンジニア、マニュピレーターのプロを迎え、作業を分担制にしているのだとか。

 

スタジオにこもりがちになってしまう桑田佳祐さんを外に連れ出して運動させるのも原由子さんの役目で、30代後半から始めたサーフィンをする姿が頻繁に目撃されています。

 

父親の大病を機に音楽活動を本格的に始めることを決意した桑田裕宣さんですが、実は、デビューの誘いはそれまでにも何度かあったのだとか。

 

高校生時代に始めたバンド活動を20歳を超え、実質ニート生活になりながらも続けていたが、「父親と比べられるのは嫌だ」と断っていたそうです。

 

桑田佳祐さんからは、「実力はない。デビューするなら『桑田』の名前を出すな」と、厳しくくぎを刺されていたようです。

 

そんな状況からなかなか抜け出せずにいましたが、突破口となったのが桑田佳祐さんの食道がん。

 

これを栄えに親子は歩み寄り、ようやくメジャーデビューすることになりました。

 

残念ながら、桑田裕宣さんがボーカルを務めていた「READ ALOUD」は解散してしまいましたが、桑田佳祐さんの息子さんですから、今後の桑田裕宣さんの活躍に期待したいですね。


スポンサードリンク

カテゴリ:アーティスト 

ページの先頭へ