戸塚優斗の出身中学や高校は?母親もスノーボード選手?

6d824122d3333ef2ec8d7c771b58e62d_s

スノーボード男子日本代表の戸塚優斗さんの勢いが止まりません。

 

そんな戸塚優斗さんの出身中学校や高校はどこなのか。

 

やはりスノーボード一色なのか。

 

メダル獲得も夢ではない高校生プロスノーボーダー戸塚優斗さんについて調べてみました。


スポンサードリンク


戸塚優斗のwiki風プロフィール

21435435_445302709203963_7467681133866516480_n

名前 :戸塚 優斗(とつか ゆうと)

生年月日 :2001年9月27日

出身地 :神奈川県横浜市

身長 :169cm

体重 :60㎏

競技 :ハーフパイプ

 

戸塚優斗さんは、両親の影響で2歳からスノーボードを始めました。

 

ハーフパイプを始めたのは小学校3年生からで、現在のメインスポンサーでもあるヨネックスのジュニア育成プログラムに参加して練習に励んでいたそうです。

 

大会に参加しはじめると、11歳の頃にプロ資格を取得したようです。

 

2017年の全日本選手権大会では中学生で初優勝。

 

勢いは止まらず、9月にニュージーランドのカードローナスキー場開催されたワールドカップに初出場の快挙をはたしました。

 

またもやスノーボード界に将来が楽しみな選手が誕生しましたね。

 

2017-2018シーズンは、優勝を含む4度の表彰台という安定した成績を残し、見事に平昌オリンピックの出場を決めました。

 


スポンサードリンク

 

 

戸塚優斗の出身中学や高校は?

 

戸塚優斗さんは、横浜市の中学校を卒業後は、光明学園相模原高校に進学したようです。

 

AS20180114000518_commL

体育科学コースというのがあるので、おそらくそちらのカリキュラムを専攻しているのではないでしょうか。

 

多くの高校生プロスノーボーダーと同じように、通信制高校なのかと思ったのですが、そうではないようです。

 

遠征も多いと思いますが、スポーツに関して融通がきく学校なのかもしれませんね。

 

戸塚優斗の母親もスノーボード選手?

 

戸塚優斗さんの母親もスノーボード選手なのかというと、スノーボードをもともとしていたそうですが、選手ではなかったようです。

 

戸塚優斗さんが3歳の頃に、スキー場に連れていって始めさせたぐらいですから、もしかしたら親の夢を子供に託しているのかもしれませんね。

 

ttk122-230x230

そして、戸塚優斗さんはまだ10代にして世界で活躍する選手にまで成長し、平昌オリンピックにも出場するのですから、両親ともに幸せでしょうね。

 

けど、こうして10代で活躍できているのも、戸塚優斗さん一人の頑張りではなく、両親の想い・厚いサポートがあってのものだと思います。

 

戸塚優斗さんが一番わかっていると思うのですが、感謝の気持ちを忘れず、両親の想いとともに滑り続けて、今後も活躍して欲しいですね。

 

戸塚優斗さんには平昌オリンピックでメダルを獲得して欲しいですね。

 


スポンサードリンク