安住紳一郎が局アナにこだわる理由は年収が破格だから!

目安時間:約 6分

3db57684-f506-42b9-b143-573a444d2cb0

安住紳一郎さんといえば、アナウンサーの中でも不動の人気を誇るTBSの顔。

 

これだけ人気であれば、当然噂されるのがフリー転向の話です。

 

実際、フリー転向の話は持ち上がってきたのだとか。

 

それも宮根誠司さんや羽鳥慎一さんと同じ事務所からの打診らしいのです。

 

局のアナウンサーよりも絶対に年収も上がるはずなのに、なぜ安住紳一郎さんはフリーにならなかったのでしょう?

 

実は、安住紳一郎さん自身はフリー転向に意欲的だったようなのですが、それを必死で止めたのがTBSなんです。

 

アナウンス部次長という肩書と、あかくのねんしゅうを用意して安住紳一郎さんを説得したそうです。


スポンサードリンク

安住紳一郎の年収が破格!

 

安住紳一郎さんの気になる年収なんですが、なんと2千万円と言われています。

 

一般のサラリーマンからすると、文字通り破格のお給料ですね。

 

ただ、2千万円くらいの年収であれば、安住紳一郎さんクラスであれば、フリー活動の方が、もっと工学を狙えるはずという報道もあります。

 

しかし、安住紳一郎さんはとても堅実な性格で、500円貯金で230万円も貯めたことがあるのだとか。

 

そんな性格の安住紳一郎さんだから、不安定になるフリーアナウンサーより、会社から約束されている会社員を選んだのかもしれませんね。

 

 

安住紳一郎は「好きな男性アナウンサー」殿堂入り

a7da589d3118c39668c8bba1bb31fc9e

安住紳一郎さんは、2005年から開始された「好きな男性アナウンサーランキング」の第1回目から5回連続で1位を獲得、2009年に殿堂入りする快挙を成し遂げました。

 

さわやかで真面目なイメージの安住紳一郎さん。

 

実は性格が悪い、女性には冷たいという噂があるのです。

 

普段テレビで見ている安住紳一郎さんは、本当の性格の1割も出していないのだとか。


スポンサードリンク

 

そういえば、「元カノの手帳」なるものが週刊誌に出ていたりもしていますよね。

 

あれだけ爽やかそうで高年収だったら、女性に黒することはなさそうです。

 

 

安住紳一郎さん本人も、「女性には苦労しない」と認めているようです。

そんな裏表のありそうな感じが、逆に人のこっころを引きつけてしまうのかもしれませんね。

 

 

安住紳一郎の実力は?

 

安住員一郎がアナウンサーとして人気のある理由の一つに、「ワガママ女優の扱い方がうまい」というのがあります。

 

安住紳一郎さんは「です・ます」調で淡々と、とても丁寧に話す印象があります。

 

そこに安住紳一郎さんの持つ腹黒さを出し、相手の痛いところをグッとつくのです。

 

沢尻エリカさんが安住紳一郎さんのレギュラー番組「ぴったんこカンカン」にゲストで出演した際、丁寧に受け答えしながらも「機嫌悪いんですか?」「『別に』なんていったりしませんか?」「態度悪いですよ」などと言った言葉を投げかけるのです。

 

また、泉ピン子さんも安住紳一郎さんがMCを務める番組によく出ていますよね。

 

他のアナウンサーが苦手とする共演者でも、安住紳一郎さんとバッティングさせると会話が上手くいく、そんなところが安住紳一郎さんの実力の1つなのでしょうね。

 

 

TBS看板アナウンサーの重圧とは?

 

安住紳一郎さんは、TBSの看板番組「第57回輝く!日本レコード大賞」に4年連続司会として抜擢されました。

 

番組の会見で、もう一人の司会者である仲間由紀恵さんにm「安住アナが暴走して、アーティストたちに変な質問をしないかどうか不安」と、クギを刺されていましたが、その不安は的中し、安住紳一郎節が炸裂!

 

新人賞のlol・hibikiに対して歌へのコメントではなく、「復帰がスゴイ」と言ってみたり、最優秀アルバム賞受賞のサザンオールスターズ桑田佳祐さんのビデオコメントに対して「一部編集されていましたね」といいのけ、ネット上では話題となりました。

 

他のアナウンサーであればちょっと控えるような、チクッとするコメントを堂々と言ってのけるような安住紳一郎さん。

 

しかし実は、レコ大の司会を相当な重圧を感じているそうです。

 

「一年間きちんとアナウンサーとしての仕事をしていないと、あの場所には立てない」と会見で語った安住紳一郎さん。

 

普段の番組では、腹黒コメントで自由に言いたいことを言っているように見えますが、さすがTBSの看板アナウンサー。

 

しっかし番組に作り上げていくことに、誰よりも真面目に取り組んでいるのでしょうね。

 

これからも、その毒舌には期待したいですね。


スポンサードリンク

カテゴリ:アナウンサー 

ページの先頭へ