大泉洋が結婚した妻の中島久美子って誰?馴れ初めやキッカケは救命救急24時?

目安時間:約 5分

img_7674

「北海道が生んだモンスター」とまで言われているマルチタレントで俳優の大泉洋さん。

 

2015年のNHK朝ドラ「まれ」では、希のダメな父親役ですが、実際の大泉洋さんはお受験パパなんだとか。

 

大泉洋さんが結婚した嫁ん男中島久美子さんについても調査してみましょう。


スポンサードリンク

大泉洋の結婚した嫁・中島久美子って誰?

 

北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」をキッカケに、今や全国区のタレントとして活躍している大泉洋さん。

 

大泉洋さんは、北海道出身のお笑いコンビ、タカアンドトシからは「「北海道が生んだモンスター」といわれているようで、ある意味、北海道で一番有名な芸能人なのだとか。

 

そんな大泉洋さんが結婚した嫁・中島久美子さんの情報を調査してみましょう。

 

現在、大泉洋さんは北海道の仕事は所属事務所「CREATIVE OFFICE CUE」で請け、北海道以外の全国区の仕事は業務提携している大手事務所のアミューズ経由で請けているようです。

 

大泉洋さんは1973年生まれの44歳ですが、東京で仕事をするようになったのが30歳を超えてからで、それまではずっと北海道で活躍していて、日本で一番有名なローカルタレントといっても言い過ぎではない活躍です。

 

大泉洋さんは中島久美子さんと2009年5月2日に結婚を発表しました。

 

2010年8月29日に挙式をしています。

 

2005年のドラマがキッカケで知り合ったという大泉洋さんと中島久美子さんの結婚まで馴れ初めを調べてみました。

 

 

大泉洋と嫁の中島久美子の馴れ初め!

 

大泉洋さんが結婚した相手の中島久美子さんはテレビドラマ制作のプロデューサー。

 

ooizumiyou-nakajimakumiko2


スポンサードリンク

フジテレビのドラマ制作センターの副部長を務めていたこともあるという中島久美子さんと大泉洋さんの出会いのキッカケは2005年に中島久美子さんがプロデュースした救命救急24時。

 

たぶん、ドラマ「救命救急24時」は大泉洋さんにとって、俳優としての出世作だと思いますが、その裏では運命の相手とも出会った、大泉洋さんの人生を変えた作品といってもいいかもしれません。

 

ただ、2005年当時は交際には発展しておらず、3年後の2008年に中島久美子さんがプロデュースした、ドラマ「ロス・タイム・ライフ」で再開し、交際に発展して翌年2009年に交際1年で結婚したということです。

 

 

大泉洋の嫁・中島久美子とは?

 

テレビプロデューサーという裏方の仕事である中島久美子さんは、なかなかお目にかかることはできないのですが、信州大学出身という中島久美子さんがOBとしてインタビューに答えている記事に顔写真付きでインタビューに答えていました。

 

プロデューサーとはテレビ番組の企画の責任者で現場責任者のディレクターより重い責任を背負うという中島久美子さんは、インタビューを見てもわかりますが、責任感があって、誠実かつ厳しいイメージです。

 

大泉洋さんとは、まったく逆のタイプにも見えますが、そこがよかったのかもしれませんね。

 

中島久美子さんは、1970年生まれで大泉洋さんより3歳年上のようで、41歳の時、2011年に長女を出産しています。

 

中島久美子さんは結婚後、フジテレビを退社したという情報も、育児休暇を取得中とおいう情報もあるのですが、裏付けはありません。

 

そして今は、長女が可愛くて、大泉洋さんがメロメロなんだそうです。

 

大泉洋さんの結婚した娘さんは、フジテレビのドラマ部門プロデューサーで、出会いは救命救急24時サードシーズンだったということです。

 

NHK朝ドラ「まれ」で父親として娘の信頼を回復していく俳優としての大泉洋さんや、北海道ローカルタレントとして活躍する大泉洋さんに今後も注目しましょう。

 


スポンサードリンク

カテゴリ:タレント 

ページの先頭へ