POLUの丸山純奈の歌が上手い!Mステへの階段とは?

目安時間:約 4分

images

今年のMステウルトラFESの企画、「Mステへの階段」でPOLUという無名のバンドがグランプリくぉ取ってMステに出演することになりました。

 

オーディションには2000組ほど参加していたそうで、まだ中学2年のヴォーカル、丸山純奈さんがその中でも随一の歌声。

 

とにかく声が透き通っているんです。

 

いつまでも聞いていたくなるような声。

 

「音楽がすべて」と語る彼女のことを紹介しましょう。


スポンサードリンク

丸山純奈とは?

C_DLAOUU0AEnLCV

丸山純奈さんは過去に「関ジャニ音楽王」に出演していて、そのときも歌唱力に注目されていました。

 

その歌唱力は「カラオケだけで培ったもののではない」と評価されたのです。

 

11歳の時にはウィーンで合唱をしていたことがあるくらいだからです。

 

幼少から歌うことに興味があり、地元の合唱団に所属していました。

 

天性の透き通ったソプラノにさらに磨きがかけられています。

 

POLUが結成されたのが2016年6月。

 

港の倉庫街のイメージソングを歌うために結成された、地域興しのバンド。

 

若干13歳なのに意思のしっかりした女の子。

 

「これで生きていく」と決めていなければ12歳でオーディションを受け、13歳にはTVカメラの前で歌うなどできないと思います。


スポンサードリンク

 

 

Mステへの階段

maxresdefault (1)

2次審査である最終オーディションでは「Sing」を歌いました。

 

 

最終オーディションでは10組程度選ばれていましたが、その中でも一番審査員の印象に残ったのが純奈ちゃんの歌声でした。

 

ただ上手い人ならゴロゴロいるでしょう。

 

他の候補者たちも上手い人揃いでした。

 

でも、純奈ちゃんの歌声は、ただ上手いなと感心するものじゃなかった。

 

彼女と同じ中学生の夏に戻ったような気分になれました。

 

 

純奈ちゃんは歌を歌うために生まれてきたような少女なんでしょうね。

 

Mステの本番では何を歌うのか楽しみですね。


スポンサードリンク

カテゴリ:アーティスト 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ