中田英寿の語学勉強法とは?年収や仕事は?

20160414142946

中田英寿さんは、現在、世界中を旅して活動しています。

 

日本でサッカーをプレーしている頃は、語学堪能なイメージはありませんでしたが、その語学勉強法が気になります。

 

そんな中田英寿さんの語学勉強法や名言などをまとめてみました。


スポンサードリンク


中田英寿の語学勉強法はアウトプット?

 

中田英寿さんは、世界中を旅して活躍していますが、日本でプレーしている頃は、語学が堪能なイメージはありませんでした。

 

そんな中田英寿さんの語学勉強法は徹底したアウトプット方法だそうです。

 

学んだ英語を使うために、会話や機械に積極的に飛び込んでどんどん話すのがカギなんだとか。

 

また相手の話した内容を自分の中で繰り返し反復していることを語っています。

 

語学をものにした中田英寿さんは、昔から勤勉化。

 

将来を見据えてか、高校時代から英会話を学んでいて、フランスワールドカップの際に会話はすべて英語ですることを決め、英語力を高めたそうです。

 

インタビューを聞いたことがある方ならご存知かもしれませんが、歯に衣着せぬコメントが多い中田英寿さん。

 

意見をはっきりということは、海外では大事な要素ですから、自分のことをしっかり相手に伝えることができる中田英寿さんは、英語をマスターする重要な要素を持っていたんです。

 

:またチーム内でも年上でも年下でも関係なく、思ったことをズバズバいうから、本音で言い合える関係ができるのだとか。

 

その結果、中田英寿時代の日本代表チームは引き締まり、世界ランク上位に食い込むことができたのです。

 

 

中田英寿の名言が審理をついている!

 

現役時代から数多く残されている中田英寿さんの名言ですが、歯に衣着せぬ言動は好き嫌いがわかれるところかもしれませんが、心理はついています。

 

nakata_image-800x533

「右に倣えをすれば自分の責任はなくなる」や、「頑張るのは当りまえで、あえて口に出して言うことではない。そのうえで何ができるかを考え、実行にするのがプロでしょ?」など。

 

また、「すべての出来事は、すべてが未来の糧になる」や「基本があれば1を100にすることができる」など前向きな名言も意外とあります。

 

特に「当たり前のことを言っていたのでは、当たり前の結果しか残せない」は、自らの発言が辛辣であることを知っていて、どんな非難があったとしてもそれをエネルギーにして自分を成長させてきた中田英寿さんらしい名言といえるのではないでしょうか。

 

「ミスすることを恐れて勝利はない。それがどんなに大きなミスでも、ミスしたことを後悔しない。それも自分の実力の一部で、勝つために避けて通れないチャレンジだから」。

 

これも世界に挑戦し続けていた中田英寿さんならではの名言。

 

そうし続けることで、中田英寿さんだからこそ出てきた真実の言葉ですね。

 

 

中田英寿の現在の収入や仕事は?

 

中田英寿さんの仕事は、株式会社東ハトの執行役員から始まり、一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDTION」の代表理事、観光庁「アドバイザリー・ボード」のメンバー、そして世界で16人目のFIFA親善大使など。

 

常に世界を旅しながら、サッカーを通じた社会貢献活動をしています。

 

またサニーサイドアップというスポーツ選手や文化人のマネジメント業務を行うPR会社の主要株主でもあり、世界各地に投資用マンションも持っているのだとか。


スポンサードリンク

 

そんな中田英寿さんがチャリティーにも熱心なのは有名です。

 

中田英寿さん自身も出場するチャリティーマッチを開催したり、その資金を食糧支援や大地震復興支援に寄付しています。

 

中田英寿/Hidetoshi Nakata (JPN), JUNE 18, 2006 - Football : Hidetoshi Nakata of Japan looks dejected during the FIFA World Cup Germany 2006 Group F match between Japan and Croatia at the Frankenstadion in Nuremberg, Germany. (Photo by Jun Tsukida/AFLO SPORT) [0003]

さらに現在は、朝日新聞社の雑誌「AERA」で、コラム「つなぐ」を連載中です。

 

中田英寿さんの年収について、具体的な数字は挙げられていません。

 

しかし、世界各地にあるというマンションの家賃収入や、サニーサイドアップの配当金、東ハトの執行役員の報酬などから、億単位の年収があるのではないかとネット上では言われています。

 

 

中田英寿結婚しない理由があった!

 

2014年に突如持ち上がった、中田英寿さんと柴咲コウさんの熱愛報道。

 

そのとき、週刊誌の取材に対して中田英寿さんの父が、結婚しない理由を明かしていました。

 

その理由とは、中田英寿さんはかなりのきれい好き。

 

子供の頃からユニフォームもキチッとたたみ、家の中に地理ひとつない状態じゃないと落ち着かない性質なのだとか。

 

女性がついていけないくらいだということで、結婚はできないだろうと語っていました。

 

確かにテレビで事務所が報道されたときも、かなりきれいになっていました。

 

仕事ならまだしも、家庭でもそうなら女性も同じくらい潔癖症じゃないとついていけないかもしれませんね。

 

中田英寿さんは自身のストイックな性格が、中田英寿さんの結婚しない理由により拍車をかけています。

 

どうやら中田英寿さんの結婚はまだ先になりそうですね。

 

とてつもなく包容力のある女性か、同じくらい潔癖症でストイックな女性が見つかると、結婚ということもあるかもしれませんね。

 

 

中田英寿の今後は?

 

中田英寿さんは2015年6月24日までミラノ国際博覧会が開催されていた、イタリアのミラノで日本酒バー「SAKENOMY Project supported by e仕事」をプロデュースしています。

 

72838_201001280299676001264655710c

サッカー選手として引退後はFIFAの親善大使として活動しつつも、日本のモノづくりの魅力を世界に普及しています。

 

サッカー選手時代には、「もう日本には戻ってこない」などと日本を否定する発言をしていたこともあります。

 

海外生活経験の長さから帰って日本の良さに気づき、それを広める活動をしています。

 

チャリティーで救われた人々も世界には多くいて、中田英寿さんは自分の知名度を存分に使って世界に貢献しています。

 

これは誰にもまねできない活動で、決して非難されることはないと思います。

 

事前事業家としても日夜活動している中田英寿さん。

 

結婚しない理由の一つとして、忙しすぎるというのがあるのかもしれませんね。

 

中田英寿さんは、勉強法もストイックで、中田英寿さんの名言もストイックですね。

 

体調管理にも気をつけて、活躍し続けて欲しいですね。


スポンサードリンク