ガイアの夜明けでふるさと納税が特集されるがなくなってしまうのでは?

目安時間:約 4分

12b7a4e56b6deb86a398ec20d19d5c1b_s

ガイアの夜明けで、ふるさと納税が特集されるようです。

 

地方活性化に役立っているふるさと納税ですが、その一方で返礼品の競争が起こり、ストップがかかっているのだとか。

 

過激化している地方活性化の思い。

 

ふるさと納税にに伴う競争についてや今後ふるさと納税はどうなるのか?


スポンサードリンク

ふるさと納税に伴う競争

 

ふるさと納税は10年目を迎えるようですが、返礼品競争が過激化してきて、地方格差が生まれるなどの問題も出てきているのだとか。

 

資金調達の手段としてふるさと納税は注目されているのですが、返礼品が豪華になりすぎている場所に人が集まってしまう格差もあるようです。

 

人が集まるところはとても集まるのですが、集まらない所はまったく集まらないという地域も出てきているのだとか。

 

同じふるさと納税を納めるのであれば、返礼品が自分にとって必要なものが良いというのは、やっぱり心理としてありますよね。

 

地域としての魅力というのも、もちろん大事なんですが、やっぱり納める側としては、どんなお返しが来るのか外せない部分です。

 

返礼品がなくなてしまえば、純粋に応援する人が集まるのかもしれませんが、よっぽど応援したいという気持ちがなければ難しくなってしまいますよね。


スポンサードリンク

 

返礼品があるということで、前々から気になってきたこの地域に資金を提供しましょうみたいな流れになりやすいので、ふるさと納税という制度が今後はどうなっていくのか。

 

改革によっては、十分な資金調達ができずに苦しむことになるかもしれませんね。

 

 

ふるさと納税はなくなってしまうのか?

95470d52150d4ddf95870380df2addc7_s

ふるさと納税は資金調達の手段して確立しているので、亡くなることはないと思います。

 

ただ、返礼品は決まり事ではないので、なくなるかもしれません。

 

返礼品としてお返しして良いのは、こういうものだけですよみたいな。

 

ある程度、足並みそろえた返礼品というう形になるかもしれません。

 

その地域の特色に合った返礼品を送っていた場所にとっては、地域の良さをアピールできる場が減るという考え方もあります。

 

ですが、返礼品競争によって、地域格差が生まれているということで問題視されているので、対策は取られてしまうと思います。

 

そうなっていくと必然的に、ふるさと納税を利用する人が減ってしまう可能性もあります。

 

ふるさと納税で大きく財源を確保していた地方は、かなりの痛手になってしまうかもしれませんね。

 


スポンサードリンク

カテゴリ:経済 

ページの先頭へ