「アンナチュラル」のキャストやあらすじ・原作は?石原さとみが解剖医に!

目安時間:約 12分

mig

2018年1月期の金曜ドラマ「アンナチュラル」。

 

石原さとみ主演の法医学ミステリードラマです。

 

石原さとみさんが法医解剖医となり、「不自然な詩は許さない!」

 

「不自然死究明研究所(UDIラボ)」に集まる死因究明のスペシャリストに、窪田正孝、井浦新、市川実日子、松重豊と実力派揃い。

 

「逃げ恥」を手掛けた野木亜紀子脚本のオリジナルストーリーということにも注目されています。

 

そこで今回は、石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」のキャストやあらすじなどについてまとめてみましょう。


スポンサードリンク

「アンナチュラル」の放送日はいつ?

 

放送日 :2018年1月12日(金)22:00~

制作 :ドリマックス・テレビジョンT

脚本 :野木亜紀子「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」「空飛ぶ広報室」

プロデューサー :新井順子(ドリマックス・テレビジョン)、植田博樹(TBSテレビ)

演出 :塚原あゆ子(ドリマックス・テレビジョン)

放送局 :TBS系

 

 

「アンナチュラル」のあらすじ

 

主人公・ミコトの職業は、死因究明のスペシャリストである解剖医。

 

彼女が許せないことは、「不自然な死(アンナチュラル・デス)」を放置すること。

 

不自然な死の裏側には、必ず突き止めるべき真実がある。

 

偽装殺人・医療ミス・未知の症例…。

 

しかし日本においては、不自然死のほとんどは解剖されることなく荼毘に付されている。

 

その現実に、彼女は個性豊かなメンバーと共に立ち向かうことになる。

 

このドラマは、新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描きながら、毎回さまざまな「死」を扱いながらも、スピード感と爽快感を持って、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく、一話完結型の法医学ミステリーである。

 

全体のテーマは、「死と向き合うことによって、現実の世界を変えていく」。

 

「死因」を見つけることによって、今を生きる人々の命を救ったり、社会制度を変えることで未来の危機を回避し、少しでもより良い世界に変えていけたら…。

 

彼らは一見、特殊な世界に身をおく人々だが、普通の人と変わらない日常を持っている。

 

恋に悩み、家族関係に苦しみ、合コンにも行けば、おいしい食事も食べる。

 

時にケンカをし、友情を育む。

 

感情を抑えて仕事をしようと思いながらも、遺族に共鳴し涙してしまうこともある…。

 

そんな天才でも変人でもない、普通の人々である彼らの姿を丁寧に描いていく。

 

石原さとみさんは子供の頃から医療ドラマが大好きだったようで、この三澄ミコト役はいつもとは違った力の入れ具合かもしれません。

 

かわいい石原さとみさんをたくさん見たいですね。

 

 

「アンナチュラル」のキャストや登場人物!

 

三澄ミコト(33):石原さとみ

786154150

法医学者で三澄班の筆頭医。

 

解剖実績は約1,500件。

 

医大の法医学教室で准教授を務め、4か月前にUDIラボに来た。

 

合理的な性格で無駄な争いは避け、頭脳と笑顔で切り抜けるのが理想だが、現実は厳しかった。

 

ある事情で「生の権利」が脅かされることに猛反発。

 

美しい死などなく、死んでしまえば終わりと考えている。

 

 

中堂系(41):井浦新

7c183c5ee630e320d3d4c4e0d7258b07

法医学者で中堂班の筆頭医。

 

解剖実績は約3,000件。

 

UDIラボに来て1年。

 

日彰医大の法医学教室にいたが、トラブルで法遂されてしまったという噂もある。

 

態度も悪く口も悪い。

 

そのせいでチームを組む臨床検査技師がすぐに辞めてしまって、記録員もいない。

 

なお、億滴のためには手段を選ばないタイプで、ミコトとはしばしば衝突する。

 

また、葬儀屋とのネットワークもあり、何かを探させている。

 

 

久部六郎(26):窪田正孝

8940510

医大生の新人バイトで三澄班の記録員。

 

解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務などを行っている。

 

医者一家の三男。

 

三浪で三流医大に入ったが、情熱を傾けられずにいる。


スポンサードリンク

 

ネットやガジェットに強く、刑事さながらの推理力と行動力を発揮することもある。

 

ただし、制度は不明。

 

 

東海林夕子(35):市川実日子

アンナチュラル

薬学部出身で、三澄班の臨床検査技師。

 

UDIラボ設立時から在籍していて、それ以前は監察医務院で働いていた。

 

仕事よりプライベートを優先するタイプ。

 

また、好き嫌いが激しく、嫌いな人とは関わりたくないため、中堂とはほとんど口をきかない。

 

コトミとは監察医務院時代から面識があり、現在は気の合う同僚でもある。

 

 

神倉保夫(55):松重豊

matsushige

元厚生労働省医政局職員で、UDIラボの所長。

 

所長とはいえ、UDIラボの人数は少ないため、さまざまな雑用も引き受けている。

 

UDIラボの所長になった理由は、東日本大震災の身元不明遺体調査を機にUDIラボへの転属を決意したという話。

 

単なる天下りではないかという噂もありますが、真偽は不明です。

 

 

「アンナチュラル」1話のあらすじ

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。

 

警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。

 

その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。

 

UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。

 

三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。

 

中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。

 

そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

 

そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。

 

一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。

 

警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。

 

しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。

 

心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。

 

なにか、ほかの原因があるのではないか。

 

夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

 

ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。

 

すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。

 

ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。

 

そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

 

死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。

 

馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。

 

馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。

 

既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。

 

すなわち、完全犯罪が成立する。

 

「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」

 

悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

 

 

「アンナチュラル」主題歌は米津玄師!

 

金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌に米津玄師が決定し、新曲を書き下ろすことが。

 

PROFILE_orion2

新曲のタイトルは「Lemon」。

 

米津玄師としては、初のドラマ主題歌となっている。

 

小学校5年生の時にWEB上で流行していたFLASHアニメーションを見て、音楽に対する意識が変わり中学2年生からオリジナル楽曲の制作を行っているそうで、2013年にソロデビューしています。

 

米津玄師の「Lemon」がドラマを盛り上げてくれるでしょうね。

 

豪華な俳優陣ゆえに、世間での期待の声も高まっています。

 

石原さとみ、窪田正孝、松重豊、などの豪華キャストでワクワクしますね。

 

どんな作品に仕上がるのか期待です。

 


スポンサードリンク

カテゴリ:ドラマ 

スポンサードリンク
最近の投稿
人気記事ランキング

ページの先頭へ